• ダーツの旅
  • 観光・レジャー

2020.02.28

Hougang


ホウガン!? あまり聞いたことがない地名に矢が命中。3カ月ぶりとなる編集部2人旅。「行ってきます!」


駅を出発し、まずはUpper Serangoon Roadを北東に進む!


早速、壁画を見つけた

Autism21
壁画には作者名が書いてあったので、あとから調べてみた。壁に描かれたBelinda Lowさんの作品がたくさんヒットする。「#Mothering Autism」と名付けられたこの作品。実はこの絵は3つある壁のうちの1枚。深く調べてみると作者がここに描いた時の心情など、3枚の絵にはストーリがあることがわかった。この1枚は、母親の子どもへの深い愛情を表している。親子の愛は無条件であり、希望、支援、時には忍耐だったりと決して終わらない愛を表現している。気持ちを知った上で改めて絵を見ると、タイトルが切なく感じてくる。そしてもう一つわかったことが。ここは支援が必要な子どもたちをサポートする施設であった。

Autism21
1 Lor Batawi, (S)536662


歩きはじめて間もなく、教会発見!
あらま!改装工事中…

教会が見えてきたが、まさかの改装中。シンガポールではよくあることかな!?

Church of the Nativity of the Blessed Virgin Mary
当時は、茅葺屋根のような質素な木造の建物だったが、その後は“聖マリア礼拝堂”と呼ばれ、小さなレンガ造りの教会に改修されている。今はどんな工事をしているのだろうか?


とりあえず、写真を撮り仕事をする真面目な編集しおん

Church of the Nativity of the Blessed Virgin Mary
1259 Upper Serangoon Road, (S)534795


周辺には教会が多く、この地域は教会が建てられる前から、セラングーン川を囲いカトリックコミュニティーが存在していたという。

St Francis Xavier’s Seminary
1261 Upper Serangoon Road, (S)534796


気を取り直し進む!


朝の爽やかな風が気持ちいい公園に出た!「Punggol Park」だ。朝ということもあり、犬の散歩をする人、ウォーキング、ジョギングする人も多い。



Punggol Park

16ヘクタールの敷地に5ヘクタールの湖。東京ドームが約4.7ヘクタールなので、広さを想像してみてほしい。湖の脇にはビストロ「Five&2」があり、いい感じ。シンガポールにある大きな公園はNational Parkが運営しているが、ここでは園芸をしたい人のためにスペースの貸し出しをしている。割り当て区画は、2.5m×1mのプランターで3年間無料でできるんだそう。

Punggol Park「Five&2」
97 Hougang Avenue 8, (S)538792
______________________________________________________________________________

公園を出ると右も左もHDB。ひとまずHDBとHDBの間の道をバスで移動することに…

Hougang Green Shopping Mall

バス停の前にショッピングモールが見えたので、すかさず下車!


数十年前を思わせる、こぢんまりとしたモール。お年寄りたちのモーニングで賑わっている。


旧案内板と新しいもの!?
公衆電話のマークがあったので探したが、今はもうなかった。

Hougang Green Shopping Mall
21 Hougang Street 51, (S)538719
______________________________________________________________________________

再びバスで移動


「Kampong Lorong Buangkok」(カンポン・ロロン・ブアンコック)に着いた。シンガポール最後のカンポンと呼ばれているエリアだ。Kampongはマレー語で田舎や村を指す。


案内板あり!


ここから別世界へ


電柱がそびえ電線が張り巡らされている。現在HDBで暮らしている人々も、以前は簡素な家が並ぶカンポンと呼ばれる集落にいた。華人やマレー人とも助け合い生活場を共にしてきた。そんな時代の面影が残った場所が、ここなのだ。


トタン屋根の木造平屋が並び、舗装されていない道路、庭には南国のフルーツがなり、鶏や犬の鳴き声、猫が転がり、のどかな風景がまるで過去へタイムスリップしたような気分だ。


パステルカラーのペイントが可愛らしい家屋も多い。映画の撮影にも度々登場しているという。ちょっとした観光名所になっているようで、我々の他にも訪れている人がいた。


※住んでいる方がいるので、くれぐれも行動は慎重に。


再びバスの旅
在星歴は長いが、一度も訪れたことがなかった場所へ

シンガポール日本人墓地公園

閑静な住宅街に東南アジアでも最大の規模を誇る日本人墓地がある。日本人学校に通うお子さんは皆、1度は訪れたことがあるのではないだろうか。学校の行事の一環として“日本人墓地清掃”があるのだ。この日はとても鮮やかにブーゲンビリアの花が咲いていた。


在星日本人女性の安産と、その子を見守るという願いが込められた「ひのもと地蔵尊」

アーチの一番奥にはロシアからの帰国途中に客死した、ロシア文学家である二葉亭四迷(ふたばていしめい)氏の墓がある。


シンガポール日本人墓地公園
22 Chuan Hoe Avenue, (S)549854
______________________________________________________________________________

シンガポール日本人墓地公園を後にし、やって来たのは…

Hougang N1 Centre


S$1のワンコインで楽しめるレトロな乗り物があるよ~!


テオチュー・ムーンケーキやお祝いのお菓子、お供え物を取り扱うベーカリー「Thye Lee Confectionery」


カニなどの生物を象ったお供え物用のお菓子。


こちらのカラフルなお菓子もお供え物用だそう。


小腹が減った時にちょうどいい“しょっぱい味”と、おやつ向けの“甘い味”の2種類あり、サイズも大小の2種類ある。試食タイム!編集部2人の好みは分かれた。甘すぎない味に満足の編集やすこ。「Tau Sar Piah(タゥサーピア)」(S$0.70/小)


結婚式など、お祝いの時に使用する籠が飾ってあった。実際に使うのかな?

Thye Lee Confectionery
108 Hougang Avenue 1, #01-1283,(S)530108


次に向かったのはインド系の小さなスーパー。


編集しおんが以前から気になっていたアイスを発見!


早速購入してみることに…


袋をあけてみると中身はこんな感じ。
一口もらってみた……「甘っ!」練乳の甘さだ。ナッツが入っているから、美味しい!?う~ん、微妙。ぜひ一度お試しください!Pohieerの「Kulfi」(S$2.20)

Meena Minimart
108 Hougang Avenue 1,#01-1265, (S)530108


旅の〆はココ!
Block 316 HDB


最後にレインボーを見て、ホウガンの旅終了!

Block 316 HDB
316 Hougang Avenue 7, (S)530316

<まとめ>
今回の旅はバス移動が多かった。バスから望む景色の印象は、HDBが多いこと。そしてお年寄りも多い街だと感じた。ここがシンガポールと忘れてしまう感覚で、ゆっくりと時間が流れる穏やかな街が素敵だった。