• ダーツの旅
  • 観光・レジャー

2019.11.20

Holland Village編


ホーランド・ロード沿いに矢が刺さりました!自動車の交通量も多い道路に刺さってしまったので、出発点はCircle Line MRT Holland Village駅に決定!早速、編集部2人で「いってまいりま~す」!

スタート地点に到着!


「便利になったぁ~!」MRT Circle Lineは2011年開通。

来星16年目の編集やすこが、来星当時よく訪れていた場所。久しぶりのホーランド・ビレッジは、どう変わった?


「Exit C」出口を出ると、目の前に佇む低層の細長いビル。来星当時からある古~い「Holland Road Shopping Centre」は変わらずここに!

早速入ってみます!

初めて訪れた編集しおんの第一声は、「天井低いっ!」
古いビルは、どこもこんな感じかな。

2階には、洋服や雑貨、食器や家具、お土産品も買えるたくさんの店舗が並んでいる。

日用品を売っているホームセンターで、何やら気になるものを見つける。なんだろうか?先端に燃料が入れられ、”たいまつ “として使うそうだ。

アジアン一色の独特の味ある店舗あり

今すぐリゾートへ行きたくなるような服や小物を置く店舗あり

見ているだけでも楽しい!

家具と一緒に並んで売られている“お釈迦様”


赤いパッケージが目を引く「Lucas’ Papaw Ointment」
編集しおんも愛用!パパイヤの一種から作られているクリームは、肌荒れや火傷にも使える万能薬なんだって。

3階もショップが並ぶ。マッサージやネイルサロンが多いようだ。
Holland Road Shopping Centre
211 Holland Avenue, (S) 278967

ショッピングセンターをあとにする。


Lorong Mambong(ロロン・マンボン)通りは、世界各国のレストランが軒を連ねるグルメスポット。西洋人が多く住んでいたこともあり、テラスのある店舗が多い。18:00以降は車両の通行が規制され、歩行者天国になり、お酒を楽しむ客で賑わう通りへと変わる。

この通り沿いにある「Kanpai Izakaya & Bar」は、日本食とローカル料理をコラボさせた創作料理が楽しめる店だ。創業100年を誇る亀戸天神社境内の料亭に生まれた料理長が手がける料理は、手間を惜しまずどれも一味もふた味も違う絶品。

「牛たたき丼」(S$16) 脂肪分の少ない牛ランプ肉を低温で7時間かけてじっくり焼き上げているそう。牛ランプの強い肉の味わいと、柚子の酸味をいかした特製グレイビーソースをかけ、付け合わせに水菜、茗荷、柚子をサラダ仕立てで混ぜ合わせた野菜と一緒に。味の変化を楽しみたい方には、添えられた温泉卵を後半に混ぜ合わせていただこう!

「手羽先唐揚げ」(S$13) 鶏の手羽先を低温と高温でカリッと仕上げ、九州の甘口醤油にニンニクの風味を加えたタレをアツアツの手羽先にからめ、炒り胡麻を加える。ビールとの相性はバッチリ!辛味がないのでお子様もOK!

天井からは迫力あふれるフラワーアート Flower arrangement by Daisuke Shimura

店内にはモダンアート「東京タワー」Painted by Nao Ito

Kanpai Izakaya & Bar
40 Lorong Mambong, (S)277695
ランチ:11:30~14:00/ディナー:17:00~22:30

Lorong Mambong通りから離れ、Jalan Merah Saga(ジャラン・メラ・サガ)通りへ。編集やすこが来星当時は、イタリアン、フレンチとレストランが連なっていたが、現在はレストランの他にも、ブティックや歯医者、ベーカリーなど様々な店舗が並んでいる。

店舗の前に大きな機械が置かれた「BYND ARTISAN」へ入ってみることに。店内は商品の他に工房もあり広い。自分だけのオリジナルの手帳やカバンが作れる。

パーツを付けたり、カスタマイズはプラスS$10~

手帳に使われているパーツが色鮮やかに揃えられている

ストラップを購入。イニシャルは15~30分ほどで付けてくれる。本体S$30にプラス、イニシャルS$10なり。サンプルがたくさんあるので、迷わず即決!


BYND ARTISAN
44 Jalan Merah Saga, #01-54, (S)278116

オーダーしたストラップが出来上がるまで、別の場所で待つことに。
「そろそろ、ランチにしよう!」

「Roasted Spiced Pumpkin」(S$11.90) サラダ感覚だけど、満足のボリューム。トマトがピリ辛ピクルスでアクセントに

「Salmon & Avo Deluxe」(S$13.90) サーモンフレークとアボカドをのせたトースト

「Acai Detox (S)」(S$5.50) さっぱりとしたアサイードリンクは、スムージー(S$5.90)もある

Haakon Superfoods & Juice
118 Holland Avenue, #01-03 Raffles
営:10:30~21:00

ランチを済ませ、ストラップを受け取りに行った後は……
「Ancestral Temple of Ying Fo Fui Kun」へ


1887年に建てられたお墓。当初は今より広大な敷地で、のちに宅地開発のために10分の1以下に縮小される。徐々に供養が進められ、規律よく並んだ墓石の下には誰も眠っておらず、今は12体のみが祀られている。シンガポール最古の客家(ハッカ)協会Yin Fo Fun Kun一族に敬意を示す歴史的な記念碑がある。
驚いたのは、お墓の敷地を抜け道に使っている人たちがあまりに多いこと。取材時は「入っていいものか」ためらったけど、そんなの気にしないと言わんばかりにローカルが横切っていた。

Ancestral Temple of Ying Fo Fui Kun
9 Commonwealth Lane, (S)149551

旅のまとめ

オーガニック食材を扱うスーパーや、ベジタリアン、ビーガンメニューがあるカフェやレストランも多い。ヘルシー志向のファンが絶えない街だ。10年経っても変わらず、同じ場所にある店舗もたくさんありました。