• 教えてドミニクさん!
  • ライフ

2020.05.29

~シンガポール人が教えてくれるローカル情報~

シンガポールで見かける不思議なことや疑問をTMLSジャパンデスクのドミニクさんが教えてくれます。


ドリアンシーズン到来!!

 新型コロナ感染症の影響でなかなか自由に外出できない日々が続いておりますが、皆様どうお過ごしでしょうか?私は6月から本格的にドリアンシーズンが始まるので、それを楽しみになんとか頑張ってきました。納豆のようにシンガポール人の中でも好きな人と嫌いな人が分かれるドリアンですが、おいしさをぜひ知ってもらいたいということで、今回は旬のドリアンについて、ご紹介したいと思います。

 ドリアンを食べたことない方によく聞かれるのは、ドリアンはどんな味ですか?という質問です。実は、ドリアンには様々なタイプがあり、味も異なります。基本的には「甘い」と「苦い」の2種類の味があります。ローカルの人たちもそれぞれ好きなドリアンのタイプが違います。ドリアンの屋台でもドリアンを買いたいと言うと「Sweet or Bitter?」と質問されどんなタイプの味が好みなのか聞かれることが多いです。

お店の前に出ている「猫山王」と書かれた看板


 この10年ぐらい一番人気なのが「Musang King」という種類です。漢字名は「猫山王」で、大きく「猫山王」と書かれた看板を見かけたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。果実は明るい黄色でクリーミー、種が小さく肉厚です。二番人気は「D24」という種類です。味が濃くて苦いタイプのドリアンです。初心者におススメできるのは「Hor Loh(ホーロー)」というドリアンです。「ホーロー」は甘さと苦さが混じった味ですが、「Musang King」や「D24」より味が濃くないので、ドリアンに慣れていない方や苦手な方は「ホーロー」から試してみるのが良いかもしれません。

 気になるドリアンの値段ですが、かなり幅が広く、一粒S$1のものから1キロS$100のものも見かけます。あくまでも目安ですが、一人当たりS$40〜60を出せば、質が良いドリアンを食べられると思います。S$1のドリアンはたいていほとんど実が薄くて新鮮でないことが多いので、失敗する確率が高くお勧めしません。

 今年は例年と異なるドリアンシーズンとなりそうですが、新型コロナ対策は十分にしつつドリアンもしっかり楽しみたいと思っております。ドリアンが苦手な方はぜひ比較的食べやすいと言われている種類から試してみてください。


Financial Planning Manager
ドミニク・ウォンさん

香川県高松でのホームステイ経験があり、日本語が堪能。おもてなしの心を大切にするファイナンシャルアドバイザー。

 
過去の「教えてドミニクさん」はこちら:
てるてる坊主より効果的かも!?シンガポールの雨よけのおまじない
HDBで派手な旗はお祭り?
紅包“アンパオ” を知っていますか?
金魚袋入りドリンク!?