• SG ローカルニュース
  • ニュース

2020.02.28

写真提供:Stephanie Chu/Facebook ガラステーブルが壊れた後の血まみれの現場

楽しいはずの旧正月シーズンを祝う友人との集まりが血まみれの現場となってしまった。強化ガラスを使用したテーブルが破裂し、ガラスの破片が散乱した。

スープによるやけど、ガラスの破片による切り傷で負傷した複数人が入院することとなった。火鍋の主催者であるStephanie Chu氏がSNSに投稿した写真には、床に散らばるガラス、海老や野菜などの具材が写されている。Chu氏自身もNg Teng FongGeneral Hospitalで手当てを受けることになってしまった。

「ガラステーブルが割れた後、ガラスの破片と熱いスープが一面に散っていたので何もできず、私たちはショックのあまり座ったままでいました。すぐに救急車を呼び、救急救命士が助けに来てくれました。中には目よりも大きい傷を負った人もいます。私自身は2度熱傷を治療しなければなりませんでした」

写真提供:Stephanie Chu/Facebook

写真提供:Stephanie Chu/Facebook

テーブルを販売したComfort Design 社によると、事故の原因はガラスに生じた“熱応力”によるもので、これは 不適切な機器を使用したために起こったと考えられる。
「火鍋に使う機器を直接強化ガラスの上で使用するべきではありません。ガラスは熱を伝えにくい物質で、高温に耐えられるように設計されていません」と同社は述べた。

写真提供:Stephanie Chu/Facebook

破損の原因として熱応力が考えられるものの、厚さ15 ミリもある強化ガラスは“丈夫であるはず”だとChu 氏は言う。また、同社はこの件に関して医療費と修理費を支払わないものの、壊れたガラスの交換を申し出たと付け加えた。

写真提供:Stephanie Chu/Facebook ガラステーブルを購入した当初の写真

同社の広報担当であるGrace Shen 氏によると、Chu 氏の夫と金銭的代償について話があったものの、彼は損害の全額を負担するように依頼したため、合意にいたらなかった。一部の写真には深い切り傷や、やけどを負った足の痛々しい姿が写されている。テーブルに使用されたガラスは割れるときに鋭くならず、粒状の塊になるため、傷はテーブルの破片によるものではないという。「写真にみられる切り傷は壊れた食器によるものだと考えられます」とShen 氏は述べた。

Chu 氏は夕食の惨事がトラウマになったと述べている。
「病院から戻り、自宅のドアを開けた瞬間、泣き崩れました。部屋は殺人現場のような匂いがして荒れていました。幸いなことは、この事故が子供やお年寄りの集まる旧正月元日に起きなかったことです。ひどく負傷するところでした」

出典:COCONUTS