• まとめ
  • スクール・習い事

2020.12.30

子どもの幼稚園・学校選び

 
多国籍国家であるシンガポールには、様々なタイプの学校が多く存在する。要するに子どもの学校や幼稚園を選ぶのに、インターナショナルスクールにするか、日系を選ぶか、または現地のローカル校など選択肢がたくさんあるのだ。今回、お子様を持つ家庭にアンケート調査を実施した。学校を選ぶ決め手は何か。これから学校探しをする方の参考になれば嬉しい。


 

お子様の学校を選んでよかったなと思う瞬間はどんな時?
・毎日楽しそうにしている時
・子どもと先生の信頼関係が見えた時
・ローカル文化体験ができたこと
・語学力が身に付いているのがわかった時
・多国籍の友達がいる点
・毎朝の通学時、徒歩圏内でよかった
・先生方の熱心さ、親切さ
・日本人としての考え方をしっかり持ったこと
・シンガポールにいながら、日本の行事や四季のことが学べる
・学校が小規模なので、アットホーム感がある
・先生に困ったことを相談して、すぐに対応してもらえた時
毎日見ているお子様の成長を感じた瞬間を回答する方が多数。

 
これから学校を選ぶ方へのアドバイス
・日本に帰ることが前提ならば、帰国後をイメージして何を優先すべきかを決める。
・説明会よりも、通ってる子ども達がいる時間帯に見学に行くと校風がわかる。
・日本語と英語のどちらを中心にするのが良いか、我が子に合っているのかを見極める。
・幼少期の母語確立と日本文化への理解が大切だと思う。
・親として何に重きを置くかで変わる。
・実際に通わせている方から話を聞く。
・子どもと学校、または先生との相性があるので、いくつか見比べて納得する学校を選んで。
・シンガポールでは学校の値段は様々。高ければ良い教育が得られる、というものでもない。
・先生や環境、生徒達の雰囲気などをよく見極めた上で決めることをお勧め。
・お子様の性格から、どの学校で学ぶことが生き生きと過ごせるか考慮すると良い。
・通うのは自分ではなく子ども。子どもが一番幸せになれると思う学校を選ぶ。
・子どもと一緒に決めてあげて!
・お子様を入れてみて、合わないなと思ったら、学校を変えることも考えて!
・兄弟姉妹でも全く性格が違う。同じ学校が良いとは限らない。
・ローカル園は休みが少なく預かり時間が長いので、親御さんのライフスタイルに合わせて選ぶ。
最後は直感!というご意見も。いくつか見学するのが良さそうだ。