• Raffles Clinic ひと目でわかる医療
  • ヘルス

2021.05.28

シンガポールに在住の皆様に、ぜひ知っておいていただきたい医療や健康に関するさまざまなトピックを、ラッフルズ・ジャパニーズクリニックの日本人医師が、図表やグラフなどを交えてわかりやすく解説します。


大腸ポリープの新しい治療法

 大腸ポリープをすべて切除(クリーンコロン)すると、将来的な大腸がん発生と死亡が抑制されることが分かっています。

 従来、ワイヤーをポリープにかけてしばった後、電流を流し焼いて切除していました。しかし、血管の豊富な粘膜の下が「やけど」をした状態になるため、治療数日後に血管が破れ出血をおこすリスクが1%程度ありました。

 そこで、コールドポリペクトミーという電流を使用せず切除する方法が、ここ数年脚光を浴びるようになりました。「やけど」がないため安全な方法と言われています。また、ほとんど切除後の処置も不要で費用の軽減にもつながります。

 

今回の担当ドクター

総合診療·消化器内科
佐野 智彦 医師
Dr. Tomohiko Sano

日本大学医学部卒業
東京医科歯科大学 消化器内科医局所属
2013年4月より現職

日本内科学会総合内科専門医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
日本肝臓学会肝臓専門医

情報提供: ラッフルズ・ジャパニーズクリニック

▼病院詳細情報は以下のリンクから