• 駐在妻のキャリアデザイン
  • ビジネス

2021.10.08

子育てしながらもバリバリ働いていたけれど、来星してからは思うように仕事ができない。と、やきもきしていませんか?子どもの手が離れたら職場復帰したい方も必見!シンガポールで「はたらくママ」と「これからはたらくママ」を応援するコラム!


あなたは今、シンガポールに「友達」とはちょっと違う、「仲間」と呼べる人がいますか?

 前回「人間関係」についてお伝えしましたが、結局のところ、これまでも何度もお伝えしているように、「居場所」を作り、「仲間」を作るということが解決への近道です。あなたは今、「友達」とはちょっと違う、「仲間」と呼べる人がいますか?

 これはあくまでも私の個人的な見解ですが、「共通の目的やゴールを持っている人」が「仲間」です。ただ何となく、ランチに行く、子どもを一緒に遊ばせる、子どもの習い事の時間を一緒に過ごす、ということではなく、「一緒に資格試験の勉強をする」「誰かのためのボランティア活動をする」のが仲間です。もしかしたら日本人が少ないところでは、それまでの友人とはタイプの違う人とも、「この地で助け合って生き抜く」ということを目的に仲間となるかもしれません。日本人が多いところでも「日本に比べると不便な生活の中で助け合って子育てをする」ということが「共通の目的」になり得るでしょうし、「ローカルスーパーやレストランを開拓する」というのも、楽しい目的になります。いずれにしても仲間を作るときに不可欠なのは、自分が何に興味
関心があり、何が好きなのかという「自己開示」と「オープンマインド」ではないでしょうか。

 私がシンガポールに住んでいた時、送別会の時になって初めて「関心があり勉強している内容が同じ」ということに気づいた方たちがいました。子どもの習い事で、毎週顔を合わせていたにもかかわらず、です。「もったいない!」と思ったことが強く印象に残っています。もっと「自分のこと」を話せていたら、素敵な「仲間」としてお付き合いできていたかもしれません。ぜひ意識してみてくださいね!

 グローバルライフデザインでは、駐在ファミリーの月額会員制オンラインコミュニティSUNNY PARKを9月7日にオープンしました。ぜひこちらも、仲間づくりに活用してみてくださいね!

☆あなたの『モヤモヤする気持ち』ミチエ先生に相談してみませんか?
教えてほしいこと、聞いてみたいことなど、駐在妻の方からのリクエストやお悩みにお答えします。
ご依頼は、タイトルに「キャリアデザイン」と明記の上、hellonet@comm.com.sg まで、メールでお寄せください。


飯沼 ミチエ さん
グローバルライフデザイン代表、2010~2013年にシンガポール滞在。約50人のボランティアメンバーとともに、世界中の駐在妻をつなぐ、海外生活情報・交流サイト「駐妻café」https://cz-cafe.com/ を運営している。9月7日に月額会員制のオンラインコミュニティ SUNNY PARK をスタートしました!

協力:はたらくママ@シンガポール
シンガポール在住の日本人で働いているママ、いずれ働こうと考えてるママが、「学ぶ」ことができ、そして同じ思いを持つママ同士を「つなげる」場を提供しているコミュニティ。http://asia.hatamama-world.com/