• SG ローカルニュース
  • ニュース

2020.09.02

パンデミックによる制限により選択肢が減り、グループで出かけるプランを立 てることがかつて無いほど難しくなった。どこに行けば良いのか分からない? 安全性やエンターテインメントを犠牲にすることなく、あなたと5人のメン バーが試すことのできる刺激的なアクティビティを紹介する。


「The Karting Arena」でレーサー気分を味わう
今年のF1はキャンセルされたがシンガポール発の電動ゴーカート場「The Karting Arena」でレーサー気分を味わうことができる。アドレナリンジャンキーな仲間達を集めて爽快にヘアピンコーナーとタイトコーナーを特徴とする500mのコースを駆け抜け、競い合おう。Fun Karting(S$25~ /1回)セッション、またはより競争力のあるMini Grand Prix(ドライバー1人あたり S$80~/1回)とGrand Prix(ドライバー1人あたりS$110~/1回)のいずれかを選択して、究極のF1体験を楽しもう。 ゴーカート初心者は、必須のレースライセンス、Fun Kartingセッション1回、レースシミュレーターでのセッション2回を含むFirstTimer Special Package(S$40)にサインアップして、ドライビングスキルを磨こう。

The Karting Arena
200 Turf Club Road #01-01B The Grandstand, (S)287994 TEL:9627-6771
営:水〜金 13:00〜20:30、土・日 10:00〜21:00
www.thekartingarena.com


「How to Ink」で芸術を嗜む
手を動かすより実践的な体験がしたいのなら、「How To Ink」で伝統的な版画のクラスに参加してみてはいかがだろうか? 2015年にStanley Cheah氏に寄って設立されたシンガポールを拠点にする版画スタジオであり、新しくオープンしたワークショップではリノリウムのシートを利用した木版の変種である Linocutting(S$30)とシルクスクリーン印刷(S$120)のクラスを主催している。3時間のBasic Linocutting and Printing Workshop(期間限定 S$30、最大S$40)では、友達と質の高い時間が過ごせるだけでなく、新しいスキルを学び、手作りのユニークな作品をお土産として持ち帰ることもできる。

How To Ink
Concorde Shopping Centre, 317 Outram Road, #01-26, (S)169075
https://howtoink.org/


「Brass Lion Gin School」で自分オリジナル のジンを造る
友達と一般的な飲み会をするのではなく、ジン造りをしてみてはいかがだろうか?自家製のブラスライオン蒸留所のジンスクール(S$198)では、独自のジュニパースピリットの作り方を学ぶことができる3時間のワークショップを開催している。好みの素材を選び、小さな銅鍋で蒸留酒を蒸留し、最後に瓶詰めをし、続きはウェブで!カスタマイズした自分の作品を家に持ち帰ることができる。ジン作りに飽きたのなら、テイスティングルームで自分オリジナルのジン・トニックを飲むこともできる。

Brass Lion Distillery
40 Alexandra Terrace, (S)119933 TEL:6954-0602
https://brassliondistillery.com/


「Artify Studio」でクリエイティブに!
アートジャミングは仲間との絆を結ぶ楽しい方法であるだけでなく、ストレス解消にも効果的であると実証されている。「Artify Studio」おすすめのLiberty Art Jam (S$48/3時間)では、快適なスタジオで白いキャンバスの上に想像力の思うがままに、アクリル絵具などの画材を使いたいだけ使って伸び伸びと作品作りができる。スタジオ内には画集や写真などが散りばめられているので、インスピレーションを欠かすことは無い。

Artify Studio
Textile Centre, Jln Sultan, #12-07 200, (S)199018
TEL:9011-1431
営:火〜金 12:00〜21:30、土・日 10:00〜18:00
https://www.artifystudio.com/


シンガポールで釣りをする
少ない労力でも楽しめるグループアクティビティをお探しなら釣りはいかがだろうか?必要な道具を揃えたら、シンガポールにある河岸へと出かけよう。外来種の豊富さで知られるBedok Resrvoir、Changi Beach Parkなどがおすすめのスポットだ。または、必要な道具を揃えているところが多いのエビ釣りを試すのも良いかもしれない。Prawning at ORTO はシンガポール最大のエビ釣りができる施設で、10個の大きな池にはエビやアナジャコの仲間であるヤビーがおり、24時間釣りを楽しむことができる。エビを釣ったあとは、追加料金にて焼いて食べることも可能。

http://orto.sg/


「Holey Moley」でゴルフを楽しむ
シンガポールには数多くのゴルフ場があるが、「Holey Moley」ほど思いっきりゴルフクラブを振れるところはないだろう。この2階建てのミニゴルフコースにはGame of Thronesにインスパイアされた9番アイアンで作られた王座、多くの人に愛されているコメディThe Simpsonsに登場する742 Evergreen Terraceなど、奇抜なコースをお一人様S$16から回ることができる。また、バー「Caddyshack Bar」が隣接しており、ゴルフに感化され、ローカルの要素を加えたドリンクが楽しめる。

Holey Moley Golf Club
3B River Valley Road, (S)179024,
TEL:800-492-2410
https://www.holeymoley.com.sg/


バーチャル世界へと現実逃避
今私たちが夢見ていること、それは現実から逃れることではないだろうか?仲間を連れて、Sandbox VRへ仮想現実脱出ゲームをしに行こう。最先端で映画品質の動画とモーションキャプチャーテクノロジーを組み合わせたSandbox VRでは、選択した物語へとあなたをテレポーテーションする。Deadwood Mansionでは襲いかかってくるゾンビをかわし、Amber Sky 2088では未来の世界へと旅立とう。ここでは何もかもが可能なのだ。

Sandbox VR
181 Orchard Road, #05-31 Orchard Central, (S)238896
TEL:9832-5988
営:月〜木 11:30〜22:10、金 11:30〜24:00、土 10:00〜12:00、日10:00〜22:10
https://sandboxvr.com/singapore


ピクニックマットを広げよう!
のどかな場所、美味しい料理、最高の仲間。完璧なピクニックに必要なのはこれだけだ。贅沢な料理を準備するのがめんどうでも、シンガポールには豪華なピクニックパッケージが沢山あるから安心だ。ソーシャルディスタンスを守りながら家族や友人と思いおもいの時間を過ごすことができる。ピクニックをレベルアップしたいのならこちらのおすすめスポットをチェック!

出典:City Nomads