• Hot Happening
  • ヘルス

2020.07.02

今年4 月にオーチャードからボタニックガーデンへと移転した「AMDA 国際平和ク
リニック」に新しくカイロプラクティック科が加わりました。COVID-19 といえば、咳、発熱などの症状を気にしがちですが、家で過ごす時間が増えたことにより腰痛や肩こりなどの症状の方が増えています。今回はカイロプラクティック科担当の藤原さんに話を伺がいました。


 


藤原 崇紀(ふじわら たかのり)
南カリフォルニア健康科学大学(アメリカ)卒業
アメリカ政府認定カイロプラクター
2020年3月よりAMDAにて勤務開始
ロサンゼルス、日本、シンガポールのクリニックでの診療経験がある

カイロプラクティックとは?
よく整体や整骨と一緒だと思われるのですが、それらは東洋医学で、カイロプラクティックはアメリカで生まれたものです。骨や筋肉がしっかりと働いているかなど、体のバランスを診ていき骨に異常がないかなど、しっかりと診断をしてから治療します。このときにレントゲンを撮ることもあります。ここが整体などとの大きな違いです。体の歪みや痛みを薬や手術をせずに自然の力で矯正し、元の状態に戻すのが基本的なコンセプトです。マッサージなどとは違い、一時的に痛みを和らげたりするのではなく、継続して治療をします。診断を行ってから施術をするのでその症状に合った的確な治療法や治療期間を伝えることが可能です。

 

さっそく本誌営業のこうたが体験!
現在体の痛みはないものの、姿勢の悪さが気になるとのこと…
首、肘、膝、腰の痛み、四十肩、などの症状の方が多く来るそうで、内臓から来るような痛みでなければ頭痛なども治療できるそう。肩が動かしづらくなったなど、少しでも違和感を感じたら早めの診察がおすすめです!

 

まずは診断
背骨や筋肉の状態を確かめます。背骨に歪みがあると神経バランスが崩れ、様々な症状が引き起こされるので、まずは背骨をチェック。その後、他の箇所の骨や筋肉など、体全体のバランスを診ていきます。巻き肩であることが発覚。

 

正しい姿勢をレクチャー
どこの筋肉が弱いのか、使い過ぎているのかなどを説明し、改善する為の個々に合ったストレッチも指導します。原因をしっかりと教えることで悪い姿勢に戻りにくくなります。

 

矯正器具の登場
背骨に刺激を与え、姿勢を整えます。筋肉に原因がある場合はより器具を使うそうです。衝撃波治療で関節や筋肉、膝の痛み、腱鞘炎などを治すこともあります。

別の器具で筋肉のさらに深いところまで刺激を与えていきます。一般的なマッサージ器具は横に動き、表面だけ刺激するところをこの器具は縦に動くので深層にまで振動が届き、血流、リンパの流れまで改善できます。スポーツ外傷、関節などにも効くのでアスリートもよく使う器具です。

 

首をチェック
右側の筋肉の方が硬く、血流をブロックしているので治していきます。整体などのようにボキボキっと治さず、押して治すだけなので、音はそこまで大きくありませんでした。

 


背中周りを見ていく
背骨が通常まっすぐなところツイストして曲がっていたのでさらに矯正し、1回目の診察は終了。また2週間後くらいに来て診てもらい、半年~ 1年治療を継続します。

 

藤原さんからのメッセージ
矯正が怖いという方もいるのですが、体の歪みは悪い姿勢や生活習慣からきているため、 根本的な原因を探り、これを機にその悪い習慣を治す手助けもできます。外出規制による運動不足や長時間のデスクワークで腰痛や親指周り、手首の痛みで来院する人も多いです。また、パソコンの使用頻度が多くなったなど、ライフスタイルの変化により10代の若い患者も結構います。一時的に治っても悪習慣を断ち切らない限り、またいつかは痛みが戻ってきます。精密な診断は医者しかできないので、それを行えるのが強みです。痛いから診察してもらうのではなく、少しでも不調を感じたら悪化する前の予防としても是非一度お試しください。


AMDA 国際平和クリニック
住所:9 Taman Serasi, Botanic Gardens View #01-11
診療時間:月~金 9:00 ~ 12:30 / 14:00 ~ 18:30、土 9:30 ~ 13:00
※ 最終受付は診療時間の30 分前まで
休診:日・祝
TEL:6694-1661
Email:info@amda.sg
www.AMDAMedical.org 

診療科目:総合内科、皮膚科、予防接種、慢性病管理、眼科、耳鼻咽喉科、呼吸器内科、各種健康診断、栄養と予防医学、小手術、感染症、カイロプラクティック科