• Raffles Clinic ひと目でわかる医療
  • ヘルス

2020.10.01

シンガポールに在住の皆様に、ぜひ知っておいていただきたい医療や健康に関するさまざまなトピックを、ラッフルズ・ジャパニーズクリニックの日本人医師が、図表やグラフなどを交えてわかりやすく解説します。


外傷性肩関節脱臼

 肩関節は体のなかで最も大きく動かせる関節です。その理由は半球状の上腕骨頭に対して、受け皿である肩甲骨側の屋根が4分の1程度しかないためですが、そのために脱臼しやすいというデメリットがあります。(図1)
 全外傷性脱臼の約半分は肩関節に起こるとも言われています。ラグビーやアメフトなどのコンタクトスポーツで起こりやすいですが、脱臼を繰り返しスポーツや日常生活に支障をきたすようであれば、関節鏡による手術が必要です。(図2)
 また、一般的には年齢が若いほど再脱臼のリスクが高いです。

(図1):脱臼時(左)と整復後(右)のレントゲン所見

(図2):関節鏡

今回の担当ドクター

総合診療・整形外科
長谷川 典子 医師 Dr. Noriko Hasegawa
京都大学教育学部卒業
日本医科大学医学部卒業
2010年10月より現職

日本救急医学会救急科専門医
日本旅行医学会認定医
日本整形外科学会会員
日本肩関節学会会員
日本渡航医学会会員

情報提供: ラッフルズ・ジャパニーズクリニック

▼病院詳細情報は以下のリンクから