• ニュース

2019.09.03

写真提供:City Nomads


かつて電子・IT製品の購入場所としてSim Lim Squareが不動の目的地となる前、North Bridge Road 沿いのFunan DigitaLife Mallがあった。2016年に改装計画が発表され、このノスタルジックな建物は進化した。

写真提供:City Nomads


屋内でサイクリング
トレーニングには必ず有酸素運動を取り入れたいタイプなら、モール内でサイクリングしてはいかがだろうか。館内では専用レーンでサイクリングすることができ、自転車の修理や空気入れも可能。なんとシャワールームまでついている。買い物客が歩き回っても安全な設計にはなっているものの、ピーク時は自転車から降り、押して歩くことをすすめる。

写真提供:City Nomads


劇を鑑賞する
シンガポールのアートシーンが活気づいているなか、マリーナベイサンズやエスプラネード以外にも劇を鑑賞する場所はある。The Ngee Ann Kongsi Theatreは劇団W!ld Riceの本拠地。ロンドンのシェイクスピアカンパニー、スワンシアターにインスパイアされた、シンガポール初の張り出し舞台(thrust stage)だ。最高のパフォーマンスを鑑賞することが出来るだけではなく、キャストをより間近でみることができる。

写真提供:City Nomads


都会で庭園を散策
屋上庭園に向かうと、50種類以上ものオーガニック果物や野菜が栽培されていることに驚く。Edible Garden Cityが運営し、レモングラス、ミント、チリパディなどのハーブやスパイスが育っている。収穫された新鮮な食材はモール内のレストランへと届けられ、「農場から卓上まで」行き届いた食事体験をすることができる。健康思考の方必見だ。

対戦型ゲームを楽しむ
総合格闘技が世を賑わせているが、フナンモールは代わりにゲーム機を導入した。
GamePro主催の広大なゲーム世界で自由に走り回ったりフィールド上で無慈悲になったりと、老若男女が楽しめる場所だ。

写真提供:City Nomads


ショッピングにふける
6階建てのTree of Lifeはきっと印象に残る建築の驚異だ。新進気鋭のブランドや既存のブランドなど、複数のショップが並び、Love Bonito やCarrie K. での買い物を楽しんだり、ワークショップに参加することもできる。ポップアップストアは2カ月に一回替わるため、訪れる度に新しい発見があるはずだ。

写真提供:City Nomads


Co-Living スペースを体験する
LyfはThe Ascottによる住宅コンセプトで、279ものユニットを備えたシンガポール初の施設をフナンにオープンした。ぐっすりと眠ることが出来る上に、宿泊者は住民と仲良くなったり、共同ラウンジでゲームや映画鑑賞を楽しんだりできる。

109 North Bridge Rd, Singapore 179097
営:月〜日10:00~22:00
休:なし

出典:https://www.citynomads.com/