• Hot Happening
  • グルメ

2020.09.26

レストランで料理を注文する時や自宅で調理をする時、日本と食材の呼び名が違うことで「なんだろう、これ?」と悩んだ経験はありませんか?現地の呼び名を知っていることで、自信を持って注文したり、食卓のレパートリーが増えるといいですよね。今回は、ここシンガポールで「Grouper(グルーパー)」と呼ばれている白身魚ハタを使って料理します!


白身魚の南蛮漬け

スライスされたハタを使って南蛮漬けを作る。プリプリでしっかりした歯応えのハタをカラっとあげていただく。酸味を控えた南蛮ダレは子どもにも好評。毎日の献立に迷ったらぜひこの一品を加えてほしい。

🔸今回使用するお魚🔸
ACE Fish Market(www.ace-fishmarket.com )のオンラインショップを利用。しっかり下処理されていて、鱗や内臓もきれいに取り除かれているので使いやすくお勧めです!

材料(2人分)

ハタ(Grouper)・・スライス1パック
塩、胡椒・・・・・・・・・・・適量
片栗粉・・・・・・・・・・・・適量
【あんかけ用】
玉ねぎ・・・・・・・・・・・1/4個
にんじん・・・・・・・・・・1/4本
パプリカ・・・・・・・・・・1/4個
砂糖、みりん・・・・・・・大さじ1
醤油、酒、水、酢・・・・大さじ1.5

 

作り方


① 塩、胡椒を少々ふり、片栗粉をまぶしておく

 

② ボウルにあんかけ用調味料をすべて入れかき混ぜておく

 


③ あんかけ用の野菜を切る。玉ねぎは薄くスライスし、にんじん、パプリカは千切りに。② のボウルの中に加えて混ぜ合わせる

 


⑤ 魚を油であげる

 


⑥ 調味料を漬け込んだ野菜をのせて完成!

 


⑦ 緑を添えてどうぞ召し上げれ!

🔸ワンポイントアドバイス🔸
・大人用には、後から糸唐辛子をのせてると酸味と辛味で美味しくいただけます。


続いては、

白身魚のホイル焼き

アルミホイルに具材をすべて入れて蒸し焼きにする白身魚のホイル焼きを作る。こちらも「Grouper(グルーパー)」を使用します。少し弾力のある歯応えの淡白なお魚で、さっぱりとレモン醤油でいただくことにする。好みの野菜をたっぷり入れて作ろう!

材料(2人分)

ハタ(Grouper)・・切り身2切
玉ねぎ・・・・・・・・・1/2個
にんじん・・・・・・・・1/4本
しめじ・・・・・・・・・1/3束
えのき茸・・・・・・・・1/3束
バター・・・・・・・・10〜20g
塩・・・・・・・・・・・適量
【食べる前に】
醤油+レモン、またはポン酢をかけて

 

作り方

① 玉ねぎはスライス、にんじんは千切りに。きのこ類は石づきを落とす

② 魚の両面に軽く塩をふっておく

 


③ アルミホイルを30cmほど用意し、真ん中にサラダ油をたらし薄くのばしておく

 


④ 玉ねぎが一番下になるように敷く

 


⑤ その上に、魚をおく

 


⑥ さらにきのこ類とにんじんをおき、最後にバターをのせる

 


⑦ アルミホイルの奥と手前を合わせ、織り込むように包む

 


⑧ 最後に両端をしっかりねじって包む

 


⑨ フライパンに2つ並べ、蓋をして中火で4分、さらに弱火で8分加熱する

 


⑩ レモンを添えて出来上がり!

🔸ワンポイントアドバイス🔸
・底が焦げやすいが、一番下にしいた玉ねぎが香ばしくなり美味しくなる。少し焦げついても心配はない。
・アルミを開ける時は火傷にご注意ください。