• まとめ
  • グルメ

2021.04.29

【八天堂読解】

シンガポールや日本を拠点にグローバルな舞台で活躍するリーダーたちが、人生やビジネスについての信念や情熱を語る!今回は昨年4月にオープンしたPIPES by HATTENDOを徹底解剖。

《特別篇》

オートラムパークに移転、オープンから1週間でサーキット・ブレーカーに突入。4カ月かけて進めた準備はことごとく無駄に……。そんな怒涛の1年を乗り越え、昨年12月に満を持してディナーメニュースタートさせた「くりーむパン」で有名な八天堂の新店舗、「PIPES by HATTENDO」。代表の石岡大輔さんはどのような思いでオープン1年を迎えたのだろうか。


石岡大輔さん
1981年広島県三原市出身
在星6年目
尊敬するリーダー/森光孝雅氏、渋沢栄一氏
モットー/論語と算盤、出来るまでやる


オープンとともに始まった激動の1年

 八天堂の海外直営1号店だったタンジョン・パガーの八天堂カフェを2019年11月末で閉め、2020年4月1日新業態の店舗として「PIPES by HATTENDO」をオートラムパークにオープンさせました。新店舗はタンジョン・パガー店の2倍ほどの広さがあり、本格焙煎機によるこだわりのコーヒーやスイーツ、夜は八天堂創業の地である広島の日本酒と厳選メニューを楽しんでいただこうと4カ月かけて準備を進めていました。
 ところが、オープンから1週間後に新型コロナウィルス感染拡大防止のサーキット・ブレーカーに。予定していた料理も酒もことごとく提供できなくなってしまいました。幸い、移転前からeコマースへの対応を進めていたので、すぐにデリバリーに切り替えることができました。しかし、できたてを店内で食べてもらう前提で開発を進めていた料理をボックスに入れて持ち帰ってみると、見た目も温度も自分たちが食べてほしいと思っていたものとは程遠い。非常にがっかりしたのを覚えています。

逆転の発想で消費者の心を掴む商品が誕生

 でも、ここで立ち止まるわけにはいきません。1週間後には自らキッチンに入り、商品開発をはじめました。デリバリーでは自分たちが思うような状態で召し上がっていただくことは難しい。そこで発想をかえました。食べる前に一手間加えていただくことで、お店で食べる味をご家庭で再現してもらおう。うなぎやハンバーグ、グリルチキンなど、店内で調理したものを真空パックにしました。ご家庭では湯煎にすればアツアツを召し上がっていただけます。これがインフルエンサーからも好評をいただき、5月、6月には店舗の前にドライバーの行列ができるほど人気になりました。
 サーキット・ブレーカー後も商品開発を進めています。現在人気の生食パンもそのひとつ。フランスの高級熟成バターであるエシレバターを100% 使った風味豊かな食パンです。店内でも召し上がっていただけますが、ご自宅で厚切りにしてトースターで焼き、“追いエシレ” したトーストがオススメ。こだわり抜いたパンなので、ぜひ多くの方に食べていただきたいですね。
 日本人のお客様の要望に応える商品として、管理栄養士が監修した真空パックの日本のお惣菜の開発も行いました。低糖質のミールセットや豚汁、きんぴらごぼうなど懐かしい味をそろえました。これらはECサイトから購入できるので、ぜひご自宅でお楽しみください。

目指すは広島と世界のパイプ役

 フェーズ2になってからもしばらくは、カフェメニューのみの営業を続けてきましたが、クリスマス直前からディナーメニューをスタート。営業時間も22時半までに延長しました。
 ディナーメニューのイチオシが、広島県産の生牡蠣。日本人に馴染みの深い食材や調理法を用いながら、シンガポール人シェフのセンスを生かしたフュージョン料理を楽しんでいただいています。日本酒ともよく合うんですよ。
 この1年を振り返ると、試行錯誤を繰り返しながら、刻々と変化する状況に対応することで精一杯でした。しかし、そうした中でもお客様に喜んでいただける商品を開発することができ、手応えを感じています。ままならないことが多いながらも、学びの多い1年でした。
 今後もこの経験を活かし、新たな挑戦を続けていきます。そして、広島や世界中の良いものを取り入れたPIPES独自の商品やコラボ企画で、世界とシンガポール、そして広島をつなぐパイプ役を果たしていきたいと考えています。

 


本格焙煎コーヒーからシェフ渾身の一品まで
こだわり抜いたメニューの数々を心ゆくまで堪能あれ


店に入ると目に飛び込んでくる長いカウンター、高い天井、落ち着いた雰囲気を醸す間接照明とモダンなライト。アットホームで居心地の良い店内では、八天堂の代名詞ともいえる「くりーむパン」などが購入できるほか、昼は自家焙煎したこだわりのコーヒーとカフェメニュー、夜はシンガポール人シェフによる和食と洋食のフュージョン料理を日本酒とともに楽しめる。特に八天堂生誕の地である広島県の牡蠣や日本酒はぜひとも味わってほしい。シンガポールで独自開発したエシレ生食パンもおすすめ。オートラムパーク駅H出口を出てすぐの場所なので、天気の心配が不要。ランチやディナーはもちろんのこと、ちょっと一息つきたいときにもぴったり。
 


 

DINNER


広島県産の生牡蠣は、ライムキャビアやいくら、海ぶどうとうずらの卵黄など、シェフのアレンジも楽しい。また期間限定だったカツサンドが、リクエストに応えてグランドメニューに登場。
 

LUNCH

ランチにはA4ランク和牛とフォアグラの丼ものや「あぶりや」とのコラボ丼、見た目も鮮やかなエンジェルヘアパスタとこだわりが詰まったメニューが並ぶ。また、「くりーむパン」など八天堂のデザートメニューと相性の良いコーヒーは、本格焙煎機「NOVO MARK II」により自家焙煎している。
 

TAKE AWAY

「八天堂」の代名詞とも言えるくりーむパンや、エシレバター100%というこだわりの生食パン、店内で焙煎したコーヒー豆などを購入することもできる。さらに季節限定で広島レモンパンとマンゴークリームパンが登場。
 

おすすめメニュー
生牡蠣………….S$5~
(ナチュラル/ライムキャビア/三陸産いくら/沖縄海ぶどう、うずら)
焼き牡蠣…………S$7~
(炙り明太子/ガーリックバター/パルミジャーナ/北海道焦がしチーズ)
塩釜焼き(スズキ/ヒメダイ)……..S$58(1kg)
ダニエル謹製チーズバーガー…….S$28
とろけるカツサンド…………….S$20
PIPES 御膳(鮭の味噌焼き/テリヤキチキン)………S$21.90※
※ランチコースは、+S$2でソフトドリンクのオーダーが可能
 

「PIPES by HATTENDO」公式LINE
登録して、お得な情報を日本語でキャッチ!

J+PLUS 読者限定プロモーション
店頭での会計時に「J+PLUSを見た」と伝えると合計金額から10%割引に!
※ 2021年5月末まで
※ ECサイトは対象外
 

もうひとつの「PIPES by HATTENDOEC」サイトで八天堂こだわりの品々を楽しもう!

「PIPES」のメニューのほか、広島産牡蠣や日本酒、PIPES のコラボ商品を購入できる EC サイト。さらに、健康志向に応える真空パックの手作りお惣菜「Japanese Home-made Dishes」の販売スタート!また、サーキットブレーカー中に行列ができた伝説の「Homemade Happiness Pack」なら、おもてなしにも大活躍。
www.hattendo.oddle.me/en_SG

 

PIPES by HATTENDO
住所: 331 New Bridge Road, #01-02 Dorsett Residences,(S) 088764
営業時間: 火〜土 11:00〜16:15/17:30〜22:30、日 11:00〜18:30
定休日: 月
電話番号: 8113-6096
🌎www.hattendo.net
Facebook: @HattendoSingapore
Instagram:hattendo_singapore