• まとめ
  • ヘルス

2021.03.30

Nihon Premium Clinic/ニホンプレミアムクリニック

MRT Novena 駅に直結したメディカルセンター内にある。雨の日も濡れることなく利用できる快適さも◎

総合診療と専門医が一体となった、独自の医療システムを確立
シンガポールで診療する日本人医師は総合診療のみと定められており、専門治療を行う際はローカル医師に依頼することが多い。この当地特有の医療事情から独自の専門医システムの流れを作り出し、日本人に快適な医療を提供する「ニホンプレミアムクリニック」。日本とシンガポールの医療の違いを熟知した日本人主治医が、両国の優れた部分を活用し、日本人医師、受付、看護師、薬剤師によるレベルの高い医療を行うクリニックだ。患者は専門医のいる施設に出向く必要はなく、専門医が同クリニックへ訪れ診察してくれるのだ。日本人主治医が立ち合いのもと、専門医と共に患者を診療するため言葉の心配も全くいらない。主治医だからこそできる的確なアドバイスは、治療方針が異なる海外では有効であり、患者と主治医、専門医が情報を共有することで、正確で迅速な診断ができ、納得のいく治療を受けられる。
 

左から婦人科の洲河医師、整形外科の赤井医師、皮膚科の菊地医師、総合診療の黒川医師、総合診療のラゥ医師

 

コロナ禍でみられる変化
COVID-19の影響を受け、持病があっても受診を控えている方も多いのではないだろうか。人生100年時代と言われ、健康のメンテナンスはとても重要。気になる症状があったら我慢せずに早めに受診してほしい。また当地では今、インフルエンザや手足口病などの感染症が減少。マスクや手洗いの感染症予防が大きな効果をもたらしていると言われており、引き続きマスク手洗いの習慣を大切にしてほしいと呼びかけている。
 

クリニックを立ち上げ、日本人コミュニティのヘルスケアを 40年近くサポートしてきた橋口宏院長

ご自身の健康のために時には休息を!
同クリニックでは、発熱や感冒症状のある方の診察も行っている。その際は、5日間の MC(Medical Certificate)が必要となることを患者に説明しているが、仕
事上の理由などから MC を嫌って受診を控える方がいる。体調の回復に重要なことはしっかりと体を休めることなので、時には足を止めてゆっくりする時間を作ることをお勧めする。
 

診療科目
総合診療科、内科、外科、小児科、皮膚科、整形外科、手の外科、
婦人科、消化器外科、耳鼻咽頭科、眼科、産科、健康診断、予防接種
※ すべて予約制
※ 海外旅行障害保険キャッシュレスサービス対応
 

すべての診療が予約制となり、待ち時間が軽減された


 

Nihon Premium Clinic
住所: 10 Sinaran Drive #11-12/13/30 Novena Medical Center, (S)307506
☎ 6397-2002(日本語可)FAX 番号:6397-2112
受付時間: 月~金 9:00 ~ 12:30、14:00 ~ 17:30
     土 9:00 ~ 12:30
     日 10:00 ~ 12:00
休診: 祝
www.nihonpremiumclinic.com 
Email: contact@npc.sg

 


Raffles Japanese Clinic/ラッフルズジャパニーズクリニック

東西線 MRT Bugis 駅からすぐ!便利な立地にあるブギス本院

病気になる前の予防を考える、チーム医療体制が整った総合医療
島内に80軒あまりのクリニックと、総合病院であるラッフルズホスピタルを運営する「ラッフルズメディカルグループ」は、大阪、香港、上海、北京、ハノイ、ホーチミン、プノンペンなど世界 12 都市にクリニックを持っている。「ラッフルズジャパニーズクリニック」は、在留邦人の健康と安心な生活を支援するために設立された日本人専門クリニックだ。従来の医療「病気になったら治療をする」という考えを改め、健康を維持・増進するためには、「病気になる前に予防をする」 ことを重要とし、新しい医療を目指している。診療科目は多岐にわたり、ラッフルズメディカルグループの全面的な協力のもと、クリニック内およびラッフルズ病院の各医師が互いに連携し、協力するチーム医療が行われている。海外にいながら安心のサポートを受けることができる。
 

在籍する医師、歯科医師はすべて日本人
現在は日本人医師12名が在籍、歯科医師4名のほか、日本人看護師、看護助手、薬剤師、歯科助手、事務員が常駐。海外における医療システムや文化の違い、言葉の問題に対する不安を感じることなく、日本と同等の医療サービスを受けることができる。受付から診療、投薬、会計までをクリニック内で全て完結でき、わずらわしさがない。また心電計や超音波検査機、処置室の設備が整っており、簡単な検査や処置、点滴治療などはもちろんのこと、経鼻・経口内視鏡検査が同クリニック内で行えるのも利点だ。
 

総合診療や小児科、眼科、歯科まで整ったオーチャード分院

検査、診断、治療は日本の基準で受けられる
人種ごとに検査や診断基準は異なるため、日本人には日本人のデータに基づいた判断と対応が必要である。同クリニックでは、日本の最新の各種学会推奨の基準をもとに診断を行っている。画像診断検査や臨床検査はラッフルズホスピタル内の全ての設備を利用でき、精密検査や健康診断での追加検査もできる。
 

診療科目
ブギス本院
総合診療、定期健康診断*、小児科*、乳幼児健診*、予防接種*、
産婦人科*、整形外科*、皮膚科*、耳鼻咽喉科*、歯科*
※ *は予約制
オーチャード分院
総合診療、小児科、乳幼児健診、予防接種*、眼科*、アレルギー
外来*、カウンセリング*、歯科*
※ *は予約制
 


 

Raffles Japanese Clinic
ブギス本院
住所: 585 North Bridge Road, #02-00 Raffl es Hospital, (S)188770
☎ 6311-1190(日本語可)
受付時間:月~金 8:45 ~ 18:00、土 8:45 ~ 12:00
休診:日・祝
オーチャード分院
住所: 1 Scotts Road, #05-06/11 Shaw Centre, (S)228208
☎ 6738-6550(日本語可)
受付時間:月~金 8:45 ~ 12:30 / 14:15 ~ 18:00、
土 8:45 ~ 12:00
休診:日・祝
www.rafflesj-clinic.com 
Email: j-clinic@rafflesmedical.com

 


Japan Green Clinic/ジャパングリーンクリニック

アクセス良好のオーチャードにあり、土曜午後の受診も可能な利便性に優れたクリニック

「海外でも安心」を大切にする、診療体制と日本のホスピタリティ
オーチャードロードのパラゴンメディカルセンター内にあり、外来診察と予防接種、乳幼児健診、健康診断などを行う「ジャパングリーンクリニック」。言葉や医療システムの違う外国でも日本人が安心して受診できるクリニックとして開院して以来、38 年の邦人診療実績がある。外来は日本人医師団と日本語医師が中心となり、小児科、内科、外科、整形外科、婦人科などの一般診察を行っている。具合の悪い人が横になれる外来のロングソファーや、ベビーカーと車椅子の通れる広いロビー、授乳室やキッズコーナーなど、ファシリティは患者と付き添い家族の利便性を追求。スタッフは日本の丁寧さで対応し、利用者に安心感を与えてくれる。

日本人スタッフと日本の風景が出迎えてくれる外来受付

 

日本仕様の健康診断が充実
クリニック内に検査設備が整い、X 線、超音波、内視鏡検査や各種の血液検査がスムーズに行われる。検査結果は大半がその日のうちに分かるので、過去の検査結果と比較して診断される。また、開院以来健康診断に力を入れており、健診センターを持つ日本の関連病院を参考に、日本人に合わせた様々なパッケージを用意している。クリニック内の感染予防策もきちんと考えられており、健康診断・乳幼児健診・予防接種・婦人科のロビーと外来ロビーは分かれている他、入口ではアプリを使った感染症スクリーニングが行われており、院内では安心して過ごせる。
 

クリニック内感染予防のため、ロビーは外来診察と健康診断用に分かれている

ワンストップ外来医療センター
シンガポールでの正式な登録のある日本人理学療法士により肩痛・腰痛などの疼痛ケアを行うリハビリ部門を持ち、院内で X線検査を受け、整形外科担当日本人医師の診察後にそのまま理学療法で治療を受けることが可能だ。手術や精密検査の必要な場合は、主にパラゴンメディカル内の専門医を紹介。必要に応じてコーディネーターが通訳を兼ねて付き添う。また、コロナ禍でニーズの増した心の問題にも対応し、日本人心理療法士を招いてカウンセリングを行っている。その他、日本人歯科医師が常駐する JGH デンタルクリニックもクリニック内にあり、一つの施設で様々な診療が可能となっている。
 

診療科目
外来診察(小児科、内科、外科、整形外科、婦人科、眼科*、他一般)、
予防接種、乳幼児健診、医療検査、健康診断、理学療法(疼痛治療・
リハビリ等)、カウンセリング、渡航前新型コロナウイルス PCR検査対応
※ *は英語診療(日本語通訳同席)
※ 外来診察は予約優先、その他は予約制
 

X線、超音波、血液などの検査は大半が院内で受けられる


 

■婦人科
昨年9月に着任した日本人医師により、婦人科は終日受診できるようになった。子宮がん検診はもちろん、不正出血、子宮筋腫、卵巣嚢(のう)腫、子宮内膜症、月経前症候群、月経困難症、更年期障害、出産後の体調不良などを扱っており、不妊相談にも対応。手術・入院治療が必要な場合や、産科、不妊治療などについては、パラゴンメディカル内などの専門医に橋渡しを行う。

■カウンセリング
日本人心理療法士を招き、不眠やうつ、不安、適応障害、発達障害、出産、不妊などで心理的サポートの必要な方へのカウンセリングを行っている。事前に医師による診察を受けてカウンセリングの適用が認められた場合に予約できる。人間関係・夫婦間の悩みにも対応していて、もちろんプライバシーは厳守してくれるので、安心して一度相談してみてはいかが。

■内視鏡検査

健康診断で内視鏡検査を受ける人は年々増えており、ジャパングリーンクリニックでは予約枠を拡大して対応している。胃内視鏡は経鼻式と経口式の両方を備え、苦痛や不安を軽減する鎮静剤使用も可能だから、個々の受診者に合う方法で検査ができる。日本製の極細径内視鏡は管の外径が約 5mm と細い上にハイビジョン対応していて、特殊な光に切り替えるこ
とで小さな病変をより観察しやすくする画像強調も可能。なお、胃の検査はピロリ菌検査も行っており、また、日本人診療放射線技師による胃透視検査(胃バリウム検査)も受けられる。

■渡航前新型コロナウイルスPCR検査

最近ではどの国も海外からの入国者に対し出発前に受ける新型コロナウイルスのPCR検査の陰性結果証明の提示を求めるようになっており、ジャパングリーンクリニックは渡航前検査に対応している。日本への入国の場合、検査は出発の72時間前から48時間前に受けることとされている。クリニックで採取された検体はシンガポール保健省認定の検査機関で検査され、陰性の場合はQRコード付きの陰性証明が24時間以内に送信されてくる。陰性証明は印刷したものも携帯しよう。(※情報は変わることがあるので、最新の情報は大使館のホームページなどで確認を)

■土曜日の午後も診察可
日本人医師2名により、平日と同じ午後5時半まで内科と小児科を中心とする一般診察を行っているので、日曜日を前に急に病気になっても心配は無用。通常診療時間中より縮小した体制だが、血液検査、尿検査は平日と同様に受けられる。小さなお子さんのいる家庭には心強い。理学療法も土曜日午後に受けられる日があるから、平日は仕事で通院できないとい
う人には朗報だ。

■電話再診と薬配送
新型コロナ対策として、昨年より電話による再診と薬配送に対応している。電話で希望の旨を申し出、電話再診可能な場合は折り返しクリニックから電話をして医師が診察を行う。インターネットバンキングまたは銀行振り込みで精算を行い、バイク便で配送される薬を受け取るという画期的な流れだ。外出できないときや、継続服用している薬が切れた時でも安心。

 

Japan Green Clinic
住所: 290 Orchard Road, #10-01 Paragon, (S)238859
☎ 6734-8871(日本語対応)
診療時間:月~金 9:00 ~ 12:00 / 14:00 ~ 17:30 
     土 9:00 ~ 12:00(時間外 14:00 ~ 17:30)
休診: 日・祝
www.japan-green.com.sg 
Email: reception@japan-green.com.sg