• シネマレビュー
  • 観光・レジャー

2021.09.03

シンガポールで公開中/近日公開予定の話題作を紹介

「Respect」公開に際し、アレサ・フランクリンの伝説的ライブを収録したドキュメンタリー「アメイジング・グレイス」に触れておきたい。1972年、LAの教会で行われたライブで天を突き破る彼女の声に触れ、感動のあまり震え祈る人々の姿が全てを物語っている。


Dune 
9月16日公開 レーティング=TBA


 1965年出版の伝説のSF小説にして、多くのSF作品に影響を与えたフランク・ハーバート著「デューン」の、新解釈映画化が実現した。メガホンを取ったのは「メッセージ」「ブレードランナー 2049」のドゥニ・ヴィルヌーヴ。人間に長寿と超人的な力を与えるという謎の物質が存在する惑星、通称デューンをめぐり、熾烈な覇権争いが繰り広げられていた。惑星を管理する公爵は、愛妾のレディと息子のポールと共に、全宇宙に命を狙われる中デューンへとやってくるのであった。主演のポール役に、「君の名前で僕を呼んで」のティモシー・シャラメ。実は、1984年にデヴィッド・リンチ監督が本作の映画化を手がけている。ファイナルカットへの権限が与えられず本人は完全な失敗作だったと明言しているが、カルトファンたちに熱狂的に支持されている。本作の登場で、伝説は塗り替えられるか。


Respect
9月16日公開 レーティング=TBA


 ソウルの女王アレサ・フランクリンの伝記的映画。天賦の歌唱力を持ち、少女時代にすでにスターダムにのぼったアレサ。その華やかな人生の陰には、父や夫からの束縛や裏切りがあった。3年前に亡くなったアレサが指名していたのが、「ドリームガールズ」でアカデミー助演女優賞に輝いたジェニファー・ハドソン。彼女の存在なくしては、本作の誕生はありえなかったと思わせる奇跡の歌声を披露している。


No Time To Die
9月30日公開 レーティング=TBA


 当初の予定より2年遅れで、「007」最新作「ノー・タイム・トゥ・ダイ」がついに公開。シリーズ25作目にして、ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの見納めになる。エージェントを退き、ジャマイカで穏やかな日々を過ごしていたボンドが、誘拐された科学者を救出するという緊急任務のために呼び戻された。最新技術を駆使しボンドを陥れようとする悪役に、「ボヘミアン・ラプソディ」のレミ・マレック。一つの幕を閉じようとする伝説を目撃せよ。


レーティング:G=制限なし、PG=保護者の判断必要、NC16=16歳未満入場不可、M18=18歳未満入場不可、R21=成人指定、TBA=本誌編集時点でレーティング未定

※公開日やレーティングは予告なく変更される場合があります。映画館にお出かけの際は、事前にローカル新聞や各映画館のウェブサイトなどをご確認ください。
主な映画館のウェブサイト:ゴールデンビレッジwww.gv.com.sg キャセイwww.cathay.com.sg ショウwww.shaw.sg

Text by:小林亮子
日本の映画業界で約10年働き2006年から在星。ローカル学校に通う二人の子育てのかたわら、執筆・通訳翻訳業や、バイリンガル環境の子供たちに日本語を教える会社を経営