• Healthway Japanese Medical&Dental Centre
  • ヘルス

2021.08.31

シンガポールで安心した乳幼児の子育てができるように、ママたちを全面サポートするコラムです。今回は、歯の治療から矯正歯科まで幅広く対応する山本医師が教えてくれます。


子どもの歯並び予防について

 子どもの歯並びが呼吸や飲み込みと関係があるように言われています。赤ちゃんの時期の予防法については以前お書きしましたので、今回はもう少し歯が生えそろった段階で歯並びに問題がある場合についての予防法を説明したいと思います。

 乳歯は通常生えそろうと前歯と前歯の間には隙間が空いています。これは次に永久歯が生える際にスペースが必要だからです。しかし、近年の傾向では、お子様の中には乳歯の時点で隙間が詰まっていることが多くみられます。また、下の前歯が抜け替わる前に永久歯が生えてきてしまうケースも見受けられますが、こういったケースは将来歯ならびが悪くなりますいくつかの予防法の中で簡単なものとして “毎日5分間ブクブクさせる” こと。器具を使う方法としては “チューイングブラシ” と呼ばれる物を使って噛むことです。

 ブクブクは鼻呼吸の習得と口の周りの筋肉のトレーニングになりますし、器具を使うことで噛む練習、口の周りの筋肉の発育につながります。


 いずれにせよ筋トレと同じように毎日続けないと効果はありません。時期はブクブクができ始める2歳ごろからで良いでしょう。

《お知らせ》
好評につき、次号も引き続き「ママ&パパ応援コラム」をお届けします。お楽しみに!

 


歯科医
山本 能康 医師

診療範囲は子どもから大人まで幅広く診察を行っております。最近は歯並びが悪いケースが増えてきており、将来歯並びが悪くならないように赤ちゃんの時からの予防のアドバイスも行っております。どうぞこの機会にお越しください。また歯の治療や歯並びに関することなど何でもお気軽にご相談ください。

 

過去の記事はこちら:
第9回:歯並び予防
第8回:皮膚トラブル~湿疹・あせも
第7回:タミータイム
第6回:赤ちゃんの人見知り
第5回:赤ちゃんの場所見知り
第4回:オムツかぶれ
第3回:赤ちゃんのかわいいおしゃべり「クーイング」
第2回:赤ちゃんの夜泣き
第1回:ママ一人で悩まないで!

情報提供: ヘルスウェイ・ジャパニーズメディカル

▼病院詳細情報は以下のリンクから