• シネマレビュー
  • 観光・レジャー

2021.08.03

シンガポールで公開中/近日公開予定の話題作を紹介

昨年はコロナのため中止となったカンヌ映画祭が、例年より2カ月遅れて開催された。マット・デイモンやジョディ・フォスターらハリウッドスターたちも訪れ、想像以上に華やかな賑わいを見せた。コンペ部門に日本から唯一出品された、濱口竜介監督、村上春樹原作の「ドライブ・マイ・カー」が、邦画初の脚本賞に輝いた。


Old 
8月12日公開 レーティング=TBA

 「シックス・センス」「スプリット」など、異色スリラー映画で知られるM.ナイト・シャマラン監督の最新作。舞台は美しき南国の島。秘境のビーチに辿り着いた一家や、同じく穴場スポットを求めてやってきた人々の眼前には、大自然の絶景が広がる。しかし、6歳の息子が突然姿を消し、一家はパニックに。そこに現れたのは、短時間のうちに青年の姿に成長した息子の姿だった。子供たちがすさまじいスピードで大人になっていく一方で、大人たちには老化の異変が生じていく。どうやら、そこは時間が異様なスピードで流れる空間らしいのだ。海岸に打ち上げられた死体は不自然なまでに腐敗が進み、逃げ出そうとする者は気を失ってしまう。一体何のためにそんな場所が存在するのか。果たして、老いて命を落とす前に、もとの世界に戻る方法はあるのか。最後の最後までからくりが明かされない、極上のミステリー。


The Suicide Squad
8月5日公開 レーティング=TBA

 タイトルに‘The’を冠し、新生スーサイド・スクワッドが登場。2016年の「スーサイド・スクワッド」の続編ではなく、まったく新しい物語が展開する。終身刑で刑務所に収容されているハーレイ・クインら14人の極悪党らが、減刑と引き換えに成功率0%と言われるデスミッションに乗り出す!命令に背いてもミッション失敗でも即死という状況下、もっとも協調性のない強烈なキャラたちが否応なく結集!監督は、「ガーディアン・オブ・ギャラクシー」シリーズで知られるジェームズ・ガン。DCとマーベルを股にかけるという偉業を成し遂げた。


Free Guy 
8月12日公開 レーティング=TBA

 オンラインゲームのモブ(背景)キャラであるガイは、その他大勢の一人として毎日平凡な生活を繰り返していた。ある日、自分がゲームのキャラであることに気づいた彼は、アイデンティティの危機に陥る。自分らしい人生を手に入れ、ゲーム内ワールドに生じた最大の危機からみんなを救うため、フリー・ガイ=ただの人からヒーローに生まれ変わるための挑戦が始まるのだった。主演は、「デッドプール」で一躍人気を博したライアン・レイノルズ。


レーティング:G=制限なし、PG=保護者の判断必要、NC16=16歳未満入場不可、M18=18歳未満入場不可、R21=成人指定、TBA=本誌編集時点でレーティング未定

※公開日やレーティングは予告なく変更される場合があります。映画館にお出かけの際は、事前にローカル新聞や各映画館のウェブサイトなどをご確認ください。
主な映画館のウェブサイト:
ゴールデンビレッジwww.gv.com.sg キャセイwww.cathay.com.sg ショウwww.shaw.sg

Text by:小林亮子
日本の映画業界で約10年働き2006年から在星。ローカル学校に通う二人の子育てのかたわら、執筆・通訳翻訳業や、バイリンガル環境の子供たちに日本語を教える会社を経営