• SG ローカルニュース
  • ニュース

2021.06.28

Woodlandsのエレベーター内で炎上。シンガポール人男性死亡

Woodlandsの集合住宅のエレベーターで、電動スクーターが炎上し、男性が死亡した。シンガポール市民防衛隊(SCDF)が発表したところによると、この20歳の男性が、Block 537 Woodlands Drive16の2階にいた際に火災は発生した。男性は、Khoo Teck Puat病院に搬送された後、負傷により死亡した。

Woodlandsの集合住宅で男性が死亡したエレベーターの焼け焦げた内部。
写真提供: SCDF(シンガポール市民防衛隊)/Facebook

SCDFは「火災はエレベーター内の※パーソナルモビリティーデバイス(PMD)が原因であり、SCDFの到着前に一般市民がバケツで水を撒いて消火した」と述べた。

SCDFの発表によると、午後11時25分頃に通報があり、その後90名以上の住民がこの公営住宅から避難していた。

現在、警察による調査が行われているが、初期の調査では、電気スクーターが火災の原因と考えられている。ネット上で公開された画像では、エレベーター内部が黒焦げになっており、床には電子スクーターのような残骸が残っていた。

昨年、シンガポールではPMDに関連する火災が60件以上報告されており、2019年の100件以上から減少した。電動スクーター、電動スケートボード、ホバーボードを含む他のすべての電動車両は、2019年から歩道への乗り入れが禁止されている。

※近距離移動を想定した小型電動コンセプトカーなどを指す次世代自動車のこと(電動スクーター・電動車椅子・セグウェイなど)

 
出典:COCONUTS