• Raffles Clinic ひと目でわかる医療
  • ヘルス

2021.07.01

シンガポールに在住の皆様に、ぜひ知っておいていただきたい医療や健康に関するさまざまなトピックを、ラッフルズ・ジャパニーズクリニックの日本人医師が、図表やグラフなどを交えてわかりやすく解説します。


「涙点プラグ」でドライアイを一気に改善!


  涙点プラグ(シリコン)

 涙が少なることで引き起こされるドライアイ。パソコン作業、オンライン授業や、コンタクト装用をしていると、ヒリヒリ感、ゴロゴロするなどの不快感や、見えづらい、目が疲れるなどの症状を感じませんか?

 ドライアイ用点眼薬でなかなか改善しない場合は、「涙点プラグ」で一気に解消できます。

 涙の排水口でもある涙点に軟らかいシリコン製のプラグを挿入すると、涙が目の淵にたまり、ドライアイ症状が劇的に改善します。施術にかかる時間は30秒。何回でも付け外しできます。

  

 

今回の担当ドクター

眼科
岡野 喜一朗 医師
Dr. Kiichiro Okano

東京慈恵会医科大学医学部卒業
東京慈恵会医科大学付属病院眼科助教、医学博士
ケースウエスタンリザーブ大学薬学部リサーチフェロー
厚木市立病院眼科上席医長などを経て
2015年11月より現職

日本眼科学会眼科専門医
日本眼科手術学会会員
日本網膜硝子体学会会員
日本PDTレーザー認定医
日本抗加齢医学会会員

情報提供: ラッフルズ・ジャパニーズクリニック

▼病院詳細情報は以下のリンクから