• シネマレビュー
  • 観光・レジャー

2021.05.31

シンガポールで公開中/近日公開予定の話題作を紹介

例年より2カ月遅れで開催されたアカデミー賞、作品賞に輝いたのは車上生活を送る女性を描いた「ノマドランド」。中国出身のクロエ · ジャオ監督が、アジア系女性として初めて監督賞を受賞した。


Cruella
5月27日より公開中 レーティング=TBA

©Golden Village サイト


 毛皮をこよなく愛し、ダルメシアンの子犬たちで特製コートを作ろうとたくらむ悪女にして、ディズニー史上最も悪名高きヴィラン、「101匹わんちゃん」のクルエラ誕生の秘話を描く。舞台はパンクムーブメント全盛の 1970 年代ロンドン。ファッションデザイナーを目指す少女エステラは、下積み生活を送りながら夢に向かって切磋琢磨していた。ある日、カリスマ的デザイナー、バロネスが彼女の前に現れ、エステラの燃えたぎる野心に目をつけてある話を持ちかける。クルエラ役に、ロマンティック · ミュージカル映画「ラ · ラ · ランド」のエマ · ストーン。バロネス役に、「ハリー · ポッター」シリーズのエマ · トンプソン。振り切れた悪女っぷりを演じるストーンの演技力に度肝を抜かれる。  


Sound of Metal
公開中 レーティング=NC16

©Amazon Studio


 ヘビメタドラマーのルーベンは、恋人ルーとともにトレーラーで各地のライブハウスを転々とする暮らしを送っていた。ある日ルーベンは重度の難聴を患い、次第に聴力を失い始める。自分の不運に自暴自棄となる彼を、ルーはろう者のコミュニティに連れていく。それまで当たり前に存在した世界から隔絶されていく絶望感から、ルーベンは次第に新たな自分を発見し受け入れていくのだった。「思いもよらない変化」が降りかかったらどう立ち向かうか、人生の大きな問いを見る者に投げかける。
The Projector にて限定上映中。


In The Heights 
6月10日より公開
レーティング=TBA

©Golden Village サイト


 移民が多く暮らすマンハッタン北西部、ワシントンハイツを舞台に、エネルギッシュな人々の生き様をラップやサルサのリズムに乗せて描く人気ブロードウェイミュージカルが実写映画化。両親が遺した雑貨店を切り盛りするドミニカ系移民のウスナビは、いつか両親の故国で悠々自適に暮らすことを夢見ていた。ヘアサロンで
働きながらハイツの外の世界を目指すヴァネッサ、両親の期待を背負い大学進学したニーナ、彼女に恋するタクシー会社のベニーなど、熱い思いや混乱、不安を抱えた若者のエネルギーが炸裂。監督は、「クレイジー · リッチ!」のジョン ·M· チュウ。


レーティング:G=制限なし、PG=保護者の判断必要、NC16=16歳未満入場不可、M18=18歳未満入場不可、R21=成人指定、TBA=本誌編集時点でレーティング未定

※公開日やレーティングは予告なく変更される場合があります。映画館にお出かけの際は、事前にローカル新聞や各映画館のウェブサイトなどをご確認ください。
主な映画館のウェブサイト: ゴールデンビレッジ www.gv.com.sg キャセイ www.cathay.com.sg ショウ www.shaw.sg

Text by:小林亮子
日本の映画業界で約10年働き2006年から在星。ローカル学校に通う二人の子育てのかたわら、執筆・通訳翻訳業や、バイリンガル環境の子供たちに日本語を教える会社を経営