• Raffles Clinic ひと目でわかる医療
  • ヘルス

2021.04.30

シンガポールに在住の皆様に、ぜひ知っておいていただきたい医療や健康に関するさまざまなトピックを、ラッフルズ・ジャパニーズクリニックの日本人医師が、図表やグラフなどを交えてわかりやすく解説します。


隠れ貧血

 月経のある女性で図1のような症状がある方は「隠れ貧血」かもしれません。一般的には、ヘモグロビン濃度(Hb)が女性で12g/dlを切ると貧血と診断されます。ヘモグロビン濃度は正常範囲であっても体が鉄欠乏状態であるのが「潜在性鉄欠乏症」いわゆる「隠れ貧血」といわれるものです。診断には血液検査でフェリチンという項目を測定します。フェリチンが50ng/ml未満の場合は「隠れ貧血」が疑われます(図2)。治療は鉄剤の内服を行います。

 

今回の担当ドクター

総合診療・糖尿病内科・消化器内科
中澤 哲也 医師
Dr. Tetsuya Nakazawa

東北大学医学部卒業
東北大学医学部大学院修了、医学博士
2008年12月より現職

日本内科学会認定内科医
日本糖尿病学会専門医
日本消化器病学会認定消化器病専門医

情報提供: ラッフルズ・ジャパニーズクリニック

▼病院詳細情報は以下のリンクから