• アルビニュース
  • ニュース

2021.03.30

アルビレックス新潟シンガポール(以下:アルビ)の2021シーズン開幕と共に、アルビを応援する公式チアリーダーズ「White Swans」がメンバーを新たにスタート!リーダーのももさんに伺います。


お名前:もも (Momo)
アメリカ企業シンガポール支店勤務
在星歴:今月で丸5年
アルビチア歴は4年。それ以前はチアダンス、チアリーディングの経験はなし。小学生で数年間バレエ、大学生で1年間ソングリーディングの経験あり。
趣味も特技もチアです!
www.cheer.albirex.com.sg/whiteswans
Instagram: @albirex_singapore_cheer_school
     @albirexsg_whiteswans


出演依頼もお待ちしています♪

White Swans について教えてください。どんなチームですか?
アルビのチアダンススクールにはいくつかのクラスがありますが、私たちはその中のトップチームにあたります。アルビの応援はもちろん、シンガポールプレミアリーグで初のチアチームとしてシンガポールを盛り上げることをモットーにしています。パフォーマンの振り付けや、SNSの投稿内容、練習内容も、一人ひとりの得意分野やアイディアを共有し合って活動しています。様々な年齢、職業、バックグラウンドを活かした表現力で、元気さの中にもかっこよさや優雅さ、迫力などを取り入れたパフォーマンスができるところが私たちの魅力です。過去には、地域の旧正月イベント、ローカルの小学校のイベントなどでパフォーマンスをしたこともあります。

ももさんご自身がチアを始めたきっかけは何ですか?
5年前にシンガポールに来てまだ友だちや趣味が見つからなかった頃、アルビのチアダンススクールがあると知り、始めました。

普段はどんな練習をされているんですか?
毎週木曜日に開催されているアルビチアの大人クラスと毎週金曜日のWhite Swansの練習の他に、バレエ教室やバク転教室にも毎週通っています。White Swansに少しでも貢献できるように、新しいテクニックの取得を目指しています。

リーダーに抜擢されたお気持ちを聞かせてください。
歴代のリーダーを見てきたものもあり、少しプレッシャーはありますが、アルビとアルビチア愛、練習への意欲は誰にも負けないので、その気持ちでWhite Swansのリーダーとして頑張りたいと思っています!

心がけていることはありますか?
仕事以外の生活の中心は”アルビチア”というくらい、リーダーを任される以前から常にアルビチアのことを考えているかもしれません。人の入れ替わりが激しいシンガポールで、このメンバーと共にトップチームとして活動させてもらっていることに常に感謝し、その感謝を周りにも伝えられるように心がけています。

ももさんの願いは?
パフォーマンス以外でも現地の方と交流ができる地域イベントなどにも積極的に参加をして、周りの方々をチアアップできるような活動ができればと思います。アルビだけでなくシンガポールのサッカー界をもっと盛り上げていきたいですね。今年こそは、フィールドに立って直接パフォーマンスを届けたいとメンバー一同願っています。

読者の皆さんに一言お願いします。
いつもアルビの応援、ありがとうございます!
今季のWhite Swansメンバーも、それぞれが唯一無二の個性をもっています。私自身、シンガポールで出会ったこのメンバーで活動できることにワクワクしています。今年のWhite Swansの活動を、ぜひ楽しみにしていてくださいね。アルビチアの大人クラスでは私たちと一緒にレッスンを受けることもできます。興味を持っていただけましたら、ぜひ遊びに来てください!
今シーズンもアルビが優勝できるよう、私たちと共に声援を届けましょう!

*「J+PLUS」は Albirex Niigata FC(S) のオフィシャルメディアパートナーです