• 駐在妻のキャリアデザイン
  • ビジネス

2021.03.30

子育てしながらもバリバリ働いていたけど、来星してからは思うように仕事ができない。と、やきもきしていませんか?子どもの手が離れたら職場復帰したい方も必見!海外で「はたらくママ」と「これからはたらくママ」を応援するコラムです。


こんな時期だからこそオンライン!

 前回は、新たにシンガポールに来られた方に「自分の居場所をつくることが大事」というメッセージをお伝えしました。語学学校や習い事での仲間、お子さん関係のママ友達などの「つながり」を感じられるところからスタートし、可能であればボランティアやコミュニティの活動など「所属感」と「貢献感」を得られるところがあると、なお良いですね。

 とはいえ、この新型コロナウイルスの影響がまだまだ続く状況では、居場所づくりが難しいという声が世界各地から聞こえてきています。そんな時こそ、オンラインです!

 コロナのおかげで、日本で所属していた趣味の団体で引き続き役割を持っている、という方もいます。オンラインでのボランティアや語学学習に力を入れている人や、まだ滞在国には戻れない状況であっても、日本から現地の大学のオンライン授業に参加している人もいます。これまでは対面だった活動や講座がオンラインになり、できることの選択肢がどんどん広がりました!もし参加したいものが見つからないのであれば、世界中から仲間を集めて立ち上げてみることだってできるかもしれません。

 ぜひ、「本帰国するときにどんな自分になっていたいか」ということをイメージしてみてください。家族と一緒にシンガポールに来る、ということを決断したあなたにとって、ここで何をして、何を得ることが、海外生活を人生のチャンスにするということにつなげられそうでしょうか?もちろん焦ることはありません。ゆっくりと、その答えにつながるところで、「所属感」と「貢献感」を得られるよう、心から応援しています!


飯沼 ミチエ さん
グローバルライフデザイン代表、2010~2013年にシンガポール滞在。約40人のボランティアメンバーとともに、世界中の駐在妻をつなぐ、海外生活情報・交流サイト「駐妻café」https://cz-cafe.com/ を運営している。ぜひメルマガに登録して、オンラインイベントやメンバー募集の情報を受け取ってくださいね!

協力:はたらくママ@シンガポール
シンガポール在住の日本人で働いているママ、いずれ働こうと考えてるママが、「学ぶ」ことができ、そして同じ思いを持つママ同士を「つなげる」場を提供しているコミュニティ。http://asia.hatamama-world.com/