• Singapore Youth Report
  • ライフ

2021.03.22

シンガポール国立大学(NUS)語学教育研究センター(CLS)日本語履修生が日本語で様々なトピックを綴ります。


環境を守る寮の生活


 NUSに住んでいる学生達の生活に興味があるだろうか。NUSの寮は住むだけではなく、学生のサークルとか、社会に関するワークショップのようなイベントなど毎日たくさんの活動がある。RVRCと呼ばれる寮の特徴の一つは、環境についてのテーマがあることだ。一年生の時、RVRCでしか取れない「持続可能性の批判と理解」という環境に関係があるクラスを取った。環境の問題は社会でとても大事なので、このクラスを取れたことは嬉しかった。毎週環境についてグループディスカッションをしたが、下水とか、プラスチックとか、正しい再利用の方法などの話をした。寮の学生の学部は同じではないから、環境問題についての考え方も違った。このクラスのおかげで、グループディスカッションのスキルや工学で環境を守るアイデアなど将来の仕事に役に立つこともたくさん習った。

 次に、寮の活動は勉強だけではなく、スポーツ、ダンス、音楽のようなサークルに入ることもできる。いい点は、経験がない学生達も参加できて、新しいスキルを習うチャンスがあることだ。このストレスがない状況で楽しくて習えることはとてもいいと思う。そして、寮にはインター・ハウスコンペもある。これは習ったスキルを試してみる大きなチャンスだ。

 さらに、海外へ勉強に行けるチャンスさえある。海外にはシンガポールより自然がたくさんあるから、海外に行ったら環境勉強の経験は面白くなる。行く学生は海外環境問題の解決を手伝う経験ができる。学生にいい経験になるから、このプログラに参加しないわけにはいかないだろう。このプログラムは学生達にとても人気なので、早くサインアップしなければ、スロットはすぐ取られてしまう。

 2年間RVRCに住んで、たくさんの友達を作って、色々な事を習って、様々なイベントに参加して、大切な思い出を作った。RVRC はこのような面白いプログラムがあるから、寮に住んでいる学生は機会があれば是非参加してほしい。


マシュー・タン
初めまして。工学部のマシュー・タンです。日本語を勉強しようと思った理由は日本の漫画とドラマをわかるようになるためでした。しかし、たくさん日本人との交流をした後、日本語をもっと上手に話したいと思って勉強し続けているんです。1年生から2年生までNUSのRVRCという寮に住んでいました。今回は2年間の楽しいRVRC生活について紹介したいです。