• アルビニュース
  • ニュース

2021.03.02

2020年よりアルビレックス新潟シンガポールに加入し、今シーズン2年目を迎える永澤竜亮選手。エースナンバー背番号10を背負い新たな気持ちでスタートさせます。世代別日本代表の実力ある選手に期待がかかります。


いよいよ新シーズンスタート!


永澤 竜亮(ながさわ りょうすけ)
背番号:10
1998年生まれ、大阪府出身
チーム歴:西長尾FC → ガンバ大阪門真 → ヴィッセル神戸U18 → プーケットFC(タイ)
代表歴:U-16日本代表、U-17日本代表、U-18日本代表
Instagram: @naga_naga.44


昨シーズン SPL 13 節
アルビレックス新潟シンガポールvsタンジョンパガーユナイテッド FC

サッカーとの出会いは?またプロを意識したのはどんな時ですか?
実は小さい頃は野球が好きでした。いつか忘れてしまいましたが、テレビで日本代表対オーストラリア代表の試合を観てから、サッカーが好きになり実際に自分もサッカーを始めました。プロを意識したのは、小学3年生の頃です。尊敬できるコーチに出逢えたのがきっかけで、そのコーチはひたすらまっすぐな方で、誰よりも熱く、親身になって接してくれました。

来星のきっかけと決断の理由は?
ユース(ヴィッセル神戸 U-18)を卒業してからサッカー人生で初めて挫折を経験しました。そんな時にアルビレックス新潟シンガポールの重富監督に何度も誘っていただいて、プレーで恩返ししなきゃだめだなと思い、移籍を決断しました。

背番号10に対する思いはありますか?
10番をつけてプロの舞台で戦うのは初めてなので、より一層自覚、覚悟を持ってプレーしたいと思います。エースナンバーだと思っているので、番号に負けぬよう、結果で自分の価値を証明していきたいです。

永澤選手が考える理想のチームとは?またどんなところに力を入れていきたいですか?
みんなが年齢など関係なく、なんでも言い合えるチームが理想のチームです。チームとしては必ず優勝して2連覇したいと思います。個人としては、プレーでチームを引っ張って行けたらいいなと思います。

2021 シーズンはどんな気持ちでスタートしますか?
「去年よりも成長する。飛躍の一年にする」という気持ちです。この目標に向かって何をやれるかが大事だと思っています。去年は目に見える結果があまり出せなかったので、今年は、ゴールやアシストといった目に見える結果にこだわりたいと思ってます。

来星後、嬉しかったこと、辛かったことは?
新しいチームメイトをはじめ、いろんな出逢いがあり嬉しかったです。逆に辛かったことは、コロナの影響でサッカーができなくなった時期があったことです。 チーム全体での練習が始まっても、リーグ再開決定まで時間がかかったり、その時期は正直きつかったです。

最後に読者の方にメッセージをお願いします!
今年は背番号10に代わり所属2年目を迎えました。サッカーで結果を出すことはもちろんですが、自己発信も去年以上に積極的に行っていきたいと思いますので、ぜひ“永澤竜亮”を楽しんでもらえたらなと思います。チームとしても個人としても、皆さんに元気や笑顔を届けることができるよう一生懸命頑張ります。応援よろしくお願いします。