• シンガポールで食べること
  • ライフ

2021.03.02

シンガポールの生産者を訪ねる!
卵ファーム編①

シンガポールの農業・畜産エリア、Lim Chu KangにあるN&N社の卵ファームを見学に行ってきました*!

JFBN(Japanese F&B Network)会員で訪問。中央がN&NのMa代表

シンガポールとは思えない牧歌的な風景の広がる中にファームは位置し、ファーム内には鶏舎から加工工場まで併設されています。 * 一般の見学は受付していません。

ファーム内はオートメーション化が進んでいる

2001年創業のN&Nは、2014年に輸入卵との価格競争に打撃を受け、経営危機に陥りました。

危機を回避するためにとった手段は2つ。

1. 他社との差別化のために、新商品「Pasturaized Egg(低温殺菌された卵)」の生産販売

2. 仲卸業者に頼らず、直販に従事する

スーパーの店頭にもPasturaized Eggが冷蔵コーナーに並んでいますが、同社のものです

Pasturaized Eggは60度で1時間低温殺菌をすることで、サルモネラ菌を払拭でき、生・半調理でも安心して食べることが可能です。この安心感から、現在島内200カ所のホテルと取引が、また有名外食チェーンも顧客に名を連ねます。海外にはドバイ、香港、モルディブにも買い手がいて、輸出しているほどです。

白濁しているのは、加熱処理が加わっているため

直販とすることで、手数料を換算することなく販売が出来、Pasturaized以外の卵にも競争力がつきました。60台のトラックを自社で抱え、ホーカー・飲食店にも直接届けに行くそうです。

加工商品にも力を入れていて、日本人シェフが加工食品工場に常駐しています


_______________________________________


ケルニン青木康子 さん

食のイベント会社Spoonful代表。シンガポールでメディア会社に7年勤務後、「食」を通して人と人、社会と社会をつなぐ食のイベントブランドSpoonfulを2014年に起業。ライフワークとして、シンガポール料理の調査、研究を手がける。

Facebook: @Spoonful.sg
Instagram: @Spoonful.sg
Blog: @little_kosaji