• SG ローカルニュース
  • ニュース

2021.02.02

写真提供: Ria Tan

Lorong Halus湿地でイノシシに餌をやったとして8人に罰金を支払うように命じられた。

過去2カ月間にわたりイノシシに餌を与えたとして起訴グループの大半が法廷で有罪が言い渡された。昨年の11月にイノシシの攻撃により、女性が足と顔を負傷した後、彼らはPasir Ris周辺を巡視していた警官に逮捕された20人近くのうちの数人だ。彼らはS$2,500の罰金を支払うように命じられた。

他の4人の被告は来月の公聴会が開かれるとされており、今後数週間でさらに多くの容疑者が起訴される予定だ。
National Parks Boardの役員は、イノシシが女性を攻撃した後、Pasir Risを巡視していた。Lorong Halusは、攻撃された場所から約4kmの場所にある。

イノシシの目撃情報は、人間がコンドミニアム開発のプロジェクトのためにConey Island近くの土地を開拓したことによってイノシシの住む領域に侵入するにつれて、この地域で一般的になった。少なくとも10頭のイノシシがLorongHalusを歩き回っているのが発見された。

公園の関係者は、食べ残しを残したり与えたりすると、イノシシがその地域に引き寄せられる可能性があると述べている。体重が最大100kgのイノシシは、近くのPunggolの人々や、西のBukit BatokやChua Chu Kangエリアに住む住人と接触し怪我を負っている。

野生動物に餌付けする行為は違法で、初めての違反者は、野生生物法に基づくその後の違反に対して最高S$5,000またはS$10,000の罰金を科される可能性があるので注意が必要だ。

出典:COCONUTS