• シネマレビュー
  • 観光・レジャー

2021.02.01

シンガポールで公開中/近日公開予定の話題作を紹介

例年なら、そろそろアカデミー賞の賞レースが始まる頃。毎年2月末開催の授賞式が今年は4月25日に延期となり、対面で行う方法を模索中とのこと。本来は映画館で上映された作品が対象だが、配信に変更になった作品も候補になるそうだ。


『The Little Things』
1月28日より公開中 レーティング=TBA

Golden Village サイトより


 「トレーニングデイ」のデンゼル・ワシントン、「ボヘミアン・ラプソディ」のラミ・マレック、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジャレッド・レト、アカデミー賞受賞者である 3人の超演技派俳優たちがタッグを組んだ、極上のサスペンス作品。昇進路線から外れた初老の捜査官ディークには、事件の鍵に結びつくʻささいなことʼを嗅ぎ取る才能があった。手段を選ばない彼のやり方に、LA保安局の刑事バクスターは手を焼いていた。長年追い続けてきた連続殺人犯をついに拘束、捜査の過程でディークのある過去が明るみになっていく。頼れる上司やいいパパの役どころのイメージが強いワシントンが演じる、やさぐれた中年っぷりが新鮮。インテリ刑事役のマレックとの噛み合わないやりとりや、レト演じる殺人犯とディークの心理戦など、全編に漂う緊張感が絶妙だ。


『Breaking News In Yuba County』
1月28日より公開中 レーティング=TBA

Golden Village サイトより


アメリカの郊外住宅地で暮らすスーは、荒らされたキッチンで呆然としていた。夫はどこ? いない! もしや誘拐?ごく平凡な良妻を突如襲った夫の誘拐事件は、地方局のʻブレイキング・ニュース=ニュース速報ʼとなりスーは一躍時の人に。その興奮の味をしめ、無関係な種々雑多な人々まで現れて事態は収拾不可能な状態へ・・・で、夫は一体どこに? 思いつめ系妻を演じたらピカイチのアリソン・ジャネイの怪演が光る。


『The Dian Dian Era Too』
2月11日より公開中 レーティング=PG13

Golden Village サイトより


劇的な成長と変化を遂げた 80 年代のシンガポールと、そこで翻弄されるごく平凡な一家が織りなすドタバタ劇第二弾。政治と民族という大胆な切り口から、風刺と笑いたっぷりにシンガポールが抱える複雑な実情を軽妙に描く。「EAGLEWINGS CINEMATICS」にて上映。プラチナ、ゴールド、シルバーチケットの購入で、無料ドリンクサービスが付くなど快適なラウンジが使用できる。

上映開場:9 King Albert Park, #01-58 Cinema Box Offi ce Atrium, KAP Residences Mall, (S)598332
TEL:9848-7777
www.eaglewingscinematics.com.sg

 


レーティング:G=制限なし、PG=保護者の判断必要、NC16=16歳未満入場不可、M18=18歳未満入場不可、R21=成人指定、TBA=本誌編集時点でレーティング未定

Text by:小林亮子
日本の映画業界で約10年働き2006年から在星。ローカル学校に通う二人の子育てのかたわら、執筆・通訳翻訳業や、バイリンガル環境の子供たちに日本語を教える会社を経営