• SG ローカルニュース
  • ライフ

2020.04.30


私たちは未だに、この世界的大流行がもたらした混乱と格闘している。多くの国々が行ったロックダウンによる都市封鎖や、外出自粛要請に零細企業は大打撃を受けた。大企業とは違い、これらのローカルビジネスでは数ヶ月以上顧客がいないことで資金不足で経営難に陥る傾向にある。たとえ政府の政策で、医療危機による経済への影響を緩和することは出来ても、彼らが抱える悩みは減らない。そこで、今回はそんなローカルビジネスを支援するために私たちに出来る5 つの取り組みを紹介する。


写真提供/ Black Wisz on Unsplash


商品券を買おう
売り上げが過去最低の中、零細企業のオーナー達は、家賃や給料の支払いに苦労している。ギフト券購入:例えば、シンガポールのChope and SaveのE-Gift Card は、顧客がカードを購入すると、その売上は各レストランがこの危機を乗り越える為に今直ぐ使用可能な現金となるのだ。このやり方なら、消費者も損をすることはない。また日常が戻ってきたら、商品と引き換えすれば良いのだ。

写真提供/ Megan Thomas on Unsplash


ローカル店舗で買う
普段買い物している近所の大手スーパーの代わりに、今は小さな店や、独立業者を積極的に選んでみてはどうだろうか?地元農家から野菜を購入することや、家の近くのパン屋を利用することもその一つだ。オンライン上で簡単に買い物することも出来る。新鮮な商品をあなたの家に届けてくれるオンラインスーパー、Redmart のe-sgFarmers’ Market を利用してみるのも良いかもしれない。

写真提供/ Stefan Vladimirov on Unsplash


注文する
航空産業の傍らで、飲食業界は常連客が減少し、多大なダメージを食う結果となり、いくつかの店舗は政府指導により閉業を余儀なくされた。たとえ外食することが出来なくても、当分の間はデリバリーを頼むことは出来る。多くの店舗は、GrabやDeliveroo 等の出前サービスと連携していたり、Web サイトから注文することが可能な状態になっている。これでいつでも、家に居ながら、あの店の好きなメニューを楽しむことが出来る。もちろん、あなたの家まで無事、食事を届けてくれたドライバーへのチップも忘れずに。

写真提供/ John Schnobrich on Unsplash


あなたのノウハウを提供する
オンラインプラットフォームは今や、彼らと顧客が繋がる唯一の場として、零細企業のオーナーの救いとなっている。だが、オンラインでビジネスを始めることは、テクノロジーに精通していない世代には特に難しい。今こそ、Webデザインやマーケティングの知識を生かし、オフラインからオンラインへと彼らの変遷を支える時である。会計のアドバイスや単純なアイディアを共有してあげるのでも良い。このようなサポートをきっかけに、長年親しまれていた店の多くを閉業から救うことが出来るのだ。

写真提供/ Kelly Sikkema on Unsplash


いいね、シェア、登録
ローカルビジネスを支えるには、資金援助だけが道ではない、SNS を通じてポジティブな情報を発信することもひとつだ。例えば、Web サイトに投稿した口コミがランキングでヒットするなど、些細なことでもしてみれと良い。小さなことからコツコツと、この状況を変えていけるだろう。

そして最も重要なことは、彼らは独りではないと伝えることだ。逆境の中でこそ団結するのだ。この不幸は永遠には続かないのだから。

出典:City Nomads