• アルビニュース
  • ニュース

2020.02.28

2020 シーズンの選手リストや背番号が発表され、いよいよアルビレックス新潟シンガポールの新キャプテンが決定しました。昨年から所属している選手は3 名のみ。新しいアルビの陣頭に立つことになった橋岡 和樹(はしおか かずき)選手にインタビューしました。



橋岡 和樹(はしおか かずき)
■ ポジション:DF
■ 背番号:5
■ 生年月日:1997年1月20日
■ 趣味:ドライブ
■ オフの日の過ごし方:ショッピング
埼玉県出身の23歳。中学1年生のときにFC 浦和に入団し、浦和レッズU-15に続いて浦和レッズU-18に在籍。2015年に明治大学体育会サッカー部に加入し、そこで1年間副キャプテンを務めた。その後、東京23FCを経て2020年よりアルビレックスに入団。


アルビに入ろうと思った理由は?
小さい時から海外に行きたいという気持ちがあり、さらに国の一部リーグでプレーできるチャンスはなかなかないのでチャレンジしようと思いました。

キャプテンは初めてですか?
大学時代は副キャプテンをしていましたが、キャプテンになるのは初めてです。

ちなみに、シンガポールはどうですか?
気候が暖かくて過ごしやすいです。
さらに、食事も美味しくサッカーがしやすい環境が整っています。

キャプテンに任命された気持ちをお聞かせください
より一層責任感が強くなりました。チームの勝利を第一に考え行動していきたいです。

プレーで注目して欲しいところはありますか?
縦への推進力とオーバーラップです。

今シーズンはどのようなチームにしていきたいですか?
全てのタイトルを獲るため、全員が自分自身の役割を常に真っ当できるチームにしたいです。さらに全員が常にこのチームにいる意味を考え行動できる強い個が集まる組織にしたいです。

2020年の個人の目標をお聞かせください
常いに向上心を持ち、毎試合成長していきたいです。さらに得点やアシストといった数字に残る形でチームに貢献したいです。

アルビファンの方へのメッセージをお願いします
いつも応援してくださりありがとうございます。皆様に勇気を与えられるプレーを日々全力で表現していきます。これからも応援よろしくお願いします。